しいたげられたしいたけ

空気を読まない、他人に空気を読むことを求めない

久しぶりにタクシーに乗ると…

JR某駅へ急いでいた。
JRとわざわざ断ったのは、同じ都市の名を冠した私鉄の駅があるからだ。
往々にしてこういう場合、JRの駅と私鉄の駅は離れている。
そして私鉄の駅の方が繁華街に近い。
徒歩では間に合わないと思ったから、久しぶりにタクシーを使った。
運良く空車を捕まえることができてラッキーと思った。
「JR××駅」そう言ったつもりだった。
渋滞に巻き込まれた。
タクシーの運転手さんは、親切のつもりでだろう、こう言ってくれた。
「ここで降りて歩きますか?」
そうした。
降りてから気づいた。私鉄の駅のそばだ。
電車には乗り遅れた(泣)。