しいたげられたしいたけ

空気を読まない、他人に空気を読むことを求めない

北村薫を二冊

『秋の花』

秋の花 (創元推理文庫)

秋の花 (創元推理文庫)

『六の宮の姫君』
六の宮の姫君 (創元推理文庫)

六の宮の姫君 (創元推理文庫)

いずれも円紫師匠シリーズ(「私」シリーズ?)の長編だが、よくまあこれだけ違った傾向のものが、と思わざるを得ない。
うわっ、これでこのシリーズの未読は一冊しか残っていない。って別のを読めばいいだけなんだけど。