しいたげられたしいたけ

拡散という行為は、元記事の著者と同等以上の責任を拡散者も負う

北村薫『冬のオペラ』(角川文庫)

冬のオペラ (角川文庫)

冬のオペラ (角川文庫)

短編集。というより短編二編と中編一編で、初めの短編二編は最後の中編に収斂していくというのは解説にあるとおりだと思った。
主人公・巫(かんなぎ)弓彦は自称「名探偵」で、「名探偵」という職業を成立させるために普段はアルバイトに精を出す。この設定は好きだなぁ。一見現実味のない設定だが、世の中には「○○になるべく運命づけられた人」というのが存在するもので、うっかり「名探偵になるべく運命づけられた人」に生まれようものなら、やはりこの主人公のように振舞うしかないのかな、となんとなく強引に納得させられたような気分になる。
作風はなんとなく京極夏彦を連想した。例によって全く根拠はなく、漠然とそう感じたというだけである。物語世界に奥行きを与える陰影のような「悪意」や、よく抑制された筆遣いによって描かれるエロティシズムは、やはり北村ワールド独特のものであるのだが。