しいたげられたしいたけ

空気を読まない。他人に空気を読むことを要求しない

京極夏彦『どすこい。』(集英社文庫)

どすこい。 (集英社文庫)

どすこい。 (集英社文庫)

わはは、あほな本。
活字で人を笑わせるって、実はとても難しいと思う。読者の集中力はたいしたことがなくて、せっかくのクスグリやオチを斜め読みされてしまったら、作者側ではどうしょうもない。さらに困ったことに、仕掛けが上滑りしてしまったときには作者がバカに見えてしまう。仕込みが「泣き」とかだったら、そうはならないんだけど。
だから笑わせる本を書くには勇気がいる。だけど読者側としては、やっぱりそういう本も書いてほしい。
収録作品の中では、作者が地の文で登場人物とケンカする『理油(意味不明)』がとくに好き。