しいたげられたしいたけ

空気を読まない。他人に空気を読むことを要求しない

子母澤寛『新選組始末記』(中公文庫)

新選組始末記―新選組三部作 (中公文庫)

新選組始末記―新選組三部作 (中公文庫)

読んでみた。我々の知っている坂本龍馬像は実は司馬遼太郎氏が描いたものであるように、新選組の『竜馬が行く』に当たるものが子母澤氏の新選組三部作なのだそうだ。そう言えば黒鉄ヒロシ氏のマンガ『新選組』(PHP文庫)は、読み比べてみると明らかにこの本を踏まえていると思われるシーンが数々ある。
古い本(初版は昭和3年)なので読みづらいかなと思ったが、文章自体はきびきびと簡潔でかつ章立てが短いので、むしろ読みやすかった。ただし近藤勇の書簡の引用など、いわゆる候文が大量に出てくるので面食らう。
どうでもいいが中公文庫、昔に比べて本の作りがなんとなく雑になってないか?