しいたげられたしいたけ

期間限定トップ「肌の色や出自や信仰の違う他人を、憎むように生まれついた人間などいない」ネルソン・マンデラ rt by バラク・オバマ

飛鳥井雅道『坂本龍馬』(講談社学芸文庫)

坂本龍馬 (講談社学術文庫)

坂本龍馬 (講談社学術文庫)

学者の書いた本で講談社学芸文庫に入っているから、さぞやお堅い本であろうかと思ったがさにあらず、小説を読むように面白く読めた。司馬遼太郎竜馬がゆく』にもしばしば言及があるのが司馬ファンには嬉しい。
タイトルに反して坂本龍馬自身に関する記述は多いとは言えず、全7章中前半の3章は幕末の日本と土佐の状況の説明にページが割かれ、土佐藩主の山内容堂、容堂の懐刀・吉田東洋、それに吉田を暗殺して一時期土佐藩の実権を握った武市瑞山などの人物に多くの筆が費やされる。司馬ワールドでは吉田は仇役だが、歴史家の記述によると藩政改革に辣腕を振るった有能な官僚という素顔が見えてくる。吉田を治世の能吏とすると、身分の低い郷士の出身で権力を掌握するのに暗殺など手段を選ばなかった武市は、さしずめ乱世の梟雄というべきか。