しいたげられたしいたけ

空気を読まない。他人に空気を読むことを要求しない

初めてセルフサービスの給油スタンドを使った

長らく車を使う必要がなくて、引っ越した1年前に久しぶりに車を買って気づいたらセルフのGSばっかりになっていた。
自宅から最寄の店がセルフではなくて、しかもワンクリック募金のスポンサーになっているJOMO系列だから、ずっとそこばかりで給油していた。
だがセルフでない店は売上を上げるために「オイル交換しませんか?」とか「エアフィルターのクリーニングは?」とかセールスがうるさいのが難点。この前なんか洗車を頼んだら「エンストしました。整備不良で…」と言うような意味のあからさまなウソをつきやがった。私がずっと乗ってる間エンストしたことなんか一度もないんだぞ!
で「当分この店には来るもんか」(多分忘れた頃になったらまた行くけど(^^;)と、次に近いセルフの店に行ってみることにした。初めてでも音声ガイドが手順を教えてくれるから、ありがたい。ただ、お釣りの受け取り方だけ少し戸惑った。お金を入れて自分で給油した後レシートと一緒にバーコードが印刷された紙片が出てくるから、それを別の場所のキャッシュディスペンサーみたいな装置に読み込ませるのか。
それにしても、この程度のことでも最初の一回はけっこうプレッシャーを感じた(二回目からは平気だと思う)。でもこんなふうに何でも新しいことをやるのに心理的なバリアーを感じてて「○○して一年目に○○に初挑戦」なんてことばかりやっていたら、世の中からどんどん取り残されるんじゃなかろうかという恐怖感も感じる。やれやれ年は取りたくないものだ(-_-;