しいたげられたしいたけ

期間限定トップ「肌の色や出自や信仰の違う他人を、憎むように生まれついた人間などいない」ネルソン・マンデラ rt by バラク・オバマ

樋口裕一『頭がいい人、悪い人の〈言い訳〉術』(PHP新書)

頭がいい人、悪い人の<言い訳>術 (PHP新書)

頭がいい人、悪い人の<言い訳>術 (PHP新書)

200万部売ったベストセラー『頭がいい人、悪い人の話し方 (PHP新書)』の第二弾。例によってタイトルの前半すなわち「頭がいい人」の話はあんまり出てこない。
ん〜なんか物足りないと思って考えてみたのだが、「実績を上げること」あるいはもっと単純に「仕事をすること」こそが最上の〈言い訳〉なのだということを、もっと強調してもよかったのではないか?言い換えると「組織」というところは「ネット」と並んで「言い訳」や「口先」が通用してしまう、人間社会においてむしろ例外的な場所なのではないかという気すらする。ただしネットのバカは放置すればいいだけで無害だが、現実社会のバカほど始末におえないものはない。本当にどうしようもないバカが実在してしまうのだ(だからこそこの手の本が売れるのか?)。
それから私の好きな言葉で「正直は最良の嘘」というのがある。嘘をつくような周到な気持ちで、ありのままの事実を告げること、これこそ最強。
短い「あとがき」はちょっといいです。うがった言い方をすれば、本書の数少ない「頭がいい人の言い訳」の実物見本なのかも知れない。ここだけでも立ち読みしてみる価値あり。