しいたげられたしいたけ

空気を読まない、他人に空気を読むことを求めない

養老孟司『超バカの壁』(新潮社新書)

超バカの壁 (新潮新書 (149))

超バカの壁 (新潮新書 (149))

バカの壁」シリーズ第三弾だが、「バカ」からも「壁」からもどんどん遠ざかっているな、というのは思わずにはいられない。しかし著者の「あいまいなことをあいまいなままで残しておけばいいじゃないか」というような意味の、人生の知恵みたいなものは、わりと共感できる気がする。