しいたげられたしいたけ

拡散という行為は、元記事の著者と同等以上の責任を拡散者も負う

養老孟司『超バカの壁』(新潮社新書)

超バカの壁 (新潮新書 (149))

超バカの壁 (新潮新書 (149))

バカの壁」シリーズ第三弾だが、「バカ」からも「壁」からもどんどん遠ざかっているな、というのは思わずにはいられない。しかし著者の「あいまいなことをあいまいなままで残しておけばいいじゃないか」というような意味の、人生の知恵みたいなものは、わりと共感できる気がする。