しいたげられたしいたけ

空気を読まない。他人に空気を読むことを要求しない

再読二件

布目・山口『世界の歴史[4] 六朝隋唐帝国』(教養文庫

塚本『王莽』・『光武帝』を読んだので、読み返してみた。歴史小説を読んだ後、歴史書を確認してみるのは読書の楽しみの一つである。
とは言うものの、本書のカバー範囲は時代的には後漢王朝成立の少し後がメイン。
それにしても版元倒産に伴う教養文庫の廃刊は返す返すも残念である。いい本がいっぱい入っていたんだけどな。教養文庫の世界の歴史シリーズは、西洋物は網羅的でないので今ひとつの感があるが、中国・東洋物はコンパクトで気軽に手に取れるのがよかったのに。

宮田珠己『東南アジア四次元日記』(文春文庫PLUS)

東南アジア四次元日記 (文春文庫PLUS)

東南アジア四次元日記 (文春文庫PLUS)

再読のはずなのだがほとんど覚えていないや(^^;
気楽に読める旅行記。この著者の本は、もう少し文庫化してほしいと思って待っているのだが、なかなか文庫化されない。