しいたげられたしいたけ

ルワンダ虐殺の責任を問われたラジオ局DJの弁明「殺せなどとは一言も言っていない。俺はただ、危ないぞと言っただけだ」

WindowsVISTAは使いづらい(その2)

03-20のコメント欄に書いた「Windows標準のデバイスドライバと重複しています」というエラーメッセージに関して、ノートパソコン販売元のサポート窓口にEメールで問い合わせてみた。
現象をもうちょっと正確に書くと、起動時に通知領域(って画面右下の、時刻とかアイコンとかが表示されている部分)に「このドライバは互換性の問題のためブロックされています」云々というバルーンが表示される。

いつもじゃないけど、表示される時のほうが多い。特にMicrosoft Office2007 Professionalをインストールしてからは、なぜかほぼ毎回表示されるようになった。
で、しばらくすると、「オンラインで解決策がMicrosoft Webサイトから利用可能かどうかを確認します。解決策が見つかると、実行できる手順を表示するWebサイトが自動的に表示されます。」云々というダイアログボックスが表示され、下のほうに「オンラインで解決策の有無を確認する(C)」「キャンセル」というボタンが表示される。

「オンラインで解決策の有無を確認する(C)」の方のボタンをクリックすると、「解決策が見つかりません」という意味のメッセージボックスが表示されるのである。

Eメールの返信は、翌日の午前中に届いた。「下記のURLより修正パッチをダウンロードして、現象が改善されるかご確認いただけますでしょうか」という意味のことが書いてあり、ソフトハウスの提供する修正パッチのexeファイルへのリンクが貼られていた。
さっそくダウンロードして実行してみた。
「現在、インストールされているバージョンをアンインストールしますか?」という意味のメッセージが出てきた。
あのー、これはパッチではなくてインストーラというものではないでしょうか?
呼び方ぐらいで、ぶつくさ言ってもしょうがない。ダイアログボックスの指示に従って、アンインストールして、使用許諾契約書の「はい」をクリックして、再起動したところ(やはりもう一度言わないではいられない。これは パ ッ チ ではなくて イ ン ス ト ー ラ ではないのか?)、エラーメッセージは出なくなった。
現象が解決したことと、問い合わせの翌日に返信という迅速な対応には感謝する。しかし、新品のマシンのエラーメッセージで、こちら側の落ち度として何一つ思い当たることはないのであるから、Eメールの返信で一言ぐらい「すまなかった」と言ってほしかったものだ。
メーカ名晒すぞ(-"-メ