しいたげられたしいたけ

空気を読まない。他人に空気を読むことを要求しない

網戸を買う

何をいまさらな気もするが、3年ほど住んでいる今のアパートは、アルミサッシに網戸専用レールがついていない。当然、網戸も用意されていない。
日当たりが良くて快適で、気に入っている住居なのだが、何事も100%満足というのは、なかなか難しいものだ。
6月に入って、晴れた日の日中はものすごく暑いのだが、日が落ちるとまだ一気に涼しくなる。
クーラーを入れるのはもったいないし、かといって窓を開け放しにすると、涼しいことは涼しいのだが、虫がいっぱい入ってくる。電子蚊取りを一晩つけっ放しにしておくと、畳の上もシーツの上も、虫だらけになる。
アパートの外から、よその部屋を見上げると、はめ殺しの網戸を入れている世帯が一、二軒ある。
網戸がほしいと思った。
日曜日(6/10)に、ホームセンターをふらりと訪ねたところ、うってつけの網戸が置いてあったので、衝動買いしてしまった(実は寸法を取ってあった)。
8300円。高っかいな〜。
しかし、軽くて取り回しになんの苦痛も感じないのがいい。ベランダに出たいときには外せばいい。
一晩、使ってみた。
なんという快適!(゚Д゚)
と言うか、これまでの三夏、どうやって過ごしていたんだろう?ちょっと暑くなったら、軟弱にもすぐにエアコンのスイッチを入れていたんだっけ?「除湿」をうまく使うんだとか何だとか自己弁護しながら。自称「環境ヲタ」にあるまじき行為である。
思えば、ホームランドリーって言うんだっけか、乾燥機付き全自動洗濯機を持っているのだが、買った当初は乾燥機ばかり使っていたけれど、晴れた日には洗濯物をベランダに干した方が圧倒的に快適なのに気づいてからは、乾燥機の方は滅多に使わなくなった。
布団乾燥機も持っている。しかし、天気の良い日には、布団もやはりベランダに干したほうが快適に決まっている。その間、掃除機もかけられるし。冬場にしばらく悪天候が続いたときに布団乾燥機があるのは重宝なのだが。
(ますます「環境ヲタ」失格やな…)
いろいろ試行錯誤していると、平凡そうなアイテムや行為が、結局、一番快適っぽいことに気づくことが多い。