しいたげられたしいたけ

根拠の崩壊した裁量労働制(別名「定額働かせ放題法案」)に反対します

授産施設でのボランティア二日目

今回は軽作業。単純作業は嫌いじゃない。つか自分で何でもやらなきゃなんない自営業者は、単純作業をやっている時間が案外長いものだ。
つか、詳細はプライバシー自衛のため書かないが「自分がここにいることに意味がある」と感じることができた。人間みんなチョボチョボなのだ。
これとは矛盾するようだが、内心、野望系の高揚。じゃあ自分に何ができるのか?超能力が使えるわけでもスーパーロボットを操縦しているわけでもない(をい)。だが、私は自分で自分の仕事を作ることができる。ほんのささいなことだが、この心理的な支えは大きい。