しいたげられたしいたけ

人権を守るには人権を守るしかない。人権以外の何かを守ることにより人権を守ろうとする試みは歴史的に全て失敗した

小栗左多里『英語ができない私をせめないで!―I want to speak English!』(だいわ文庫)

英語ができない私をせめないで!―I want to speak English! (だいわ文庫)

英語ができない私をせめないで!―I want to speak English! (だいわ文庫)

一冊読んで面白いと、すぐに類書や同じ著者の本を買い込む悪癖がある。よって本棚が爆発して手の付けられない状態が常態化している。
著者の旦那さんであるトニー・ラズロ氏はイングリッシュ・ネイティヴで、日本語のほかに数ヶ国語をこなす「語学オタク」なのだそうだが、著者自身は英語がしゃべれない。
旦那さんに教えてもらえばいいような気がするが、言葉を教え合い始めると、関係が悪くなる国際カップルが多いのだそうだ(p41)。そうなのか…
で、なんとか英語をしゃべれるようになりたいと、さまざまな特訓をする。海外旅行、各種英会話スクール、英語の本を読む、ネットで勉強、ネットで個人指導の家庭教師探し、英会話喫茶通い、通販教材にチャレンジ、語学番組、などなど…
コミック&エッセイの形式で、状況を文章で説明して、実地をマンガで図解してくれるのは『プチ修行 (幻冬舎文庫)』と同じスタイル。通い放題の英会話スクールでは、著者の出身地である岐阜を、「二回行ったけど、一回めは大雪で外出できず、二回めは息子がインフルエンザをもらった」という理由で"I hate Gifu!!"(p147)とまで言ってのけた外国人講師と、大ゲンカしてくれます。かんけ〜ないけど私も岐阜県出身σ(^^;
だけど…個人的には、前出の『プチ修行』に比べると、もう一つ物足りないような気がした。解脱した人がいるかどうかは知らないが、英語をマスターした人は現実にいっぱいいるわけで、フットワーク軽く何でも実践する著者の姿勢には好感が持てるけど、また「英語をマスターしたい」という著者の熱意に偽りはないと思うけど、こと語学に限っては、あれこれつまみ食いするべきではなく、何かを継続的に続けるのが効果的だということを、体験的に知っているからだ。
私の場合、ときどき書いているけど、20代から30代にかけてのサラリーマン時代に、目覚まし時計の代わりにラジオNHK第二の語学番組を流しっぱなしにして、それを布団の中で聞くという習慣を5〜6年続けて、ほぼそれだけで英検準一級とTOEIC730点を取得した経験がある。あとほかに、当時の勤務先の工場が、ネイティヴの講師を呼んで週に一度の英会話教室を開いていて、それに何期か出てたかな?有料だったが会社からの補助があったりして格安だったのだ。よくサボったけど。
準一級の上には一級があるしTOEICは990点満点だから、ぜんぜんたいしたことはないのだが。
まあしかし、「最後に一言」で著者が「すいません、ふつうこういう本って、話せるようになった人が書くもの…ですよね…」(p216)と落ち込んでいるのがかわいいから、許す( ̄^ ̄)