しいたげられたしいたけ

人権を守るには人権を守るしかない。人権以外の何かを守ることにより人権を守ろうとする試みは歴史的に全て失敗した

オカルトな話

「多い?少ない? 幽霊を見たことがある人、約1割」
http://contents.oricon.co.jp/music/special/080722_01_03.html#int
これもマイミクさんの日記に触発されてのエントリー。
当方、2ちゃんのオカ板に入り浸ったりしていたことがあるわりには、実は幽霊とか一切見たことのない霊感ゼロ人間である。
URLの記事を見て思ったのだが、個人的には金縛りって心霊現象だとは思わない。ただの生理現象なんじゃないかな。金縛りにはあった経験はあるが、実家は真宗のくせして般若心経が暗誦できるので、それで対抗した。いや、暗誦という行為によって中枢神経を刺激して金縛りから脱出しようという至って唯物論的な判断。最近、『正信偈』も暗誦できるようになったので、今度金縛りにあったらそれを試してやろうと思っている。
ただ一つ、それまでの人生で一度も行ったことのないはずの場所の夢を見ることがある。
後日その場所を訪れて、「ああ、ここはあの場所だったのか!?」と悟るということがある。
慶応大学の日吉キャンパスから矢上台キャンパスに至る小道とか、大阪の四天王寺谷町筋から眺めた光景とか、桑名市のアーケード街とかが、ぜって〜ぜって〜ぜって〜こんな場所来たことがあるはずないのに、夢で見た光景が(少なくとも記憶上は)寸分違わず間違いなくその場所であったという事例である。
これにも何か合理的な説明がつくのだろうか?街並の光景というのは案外バリエーションが限られているものだから、偶然の一致で以前に見たことのある風景と似てしまったとか…