しいたげられたしいたけ

空気を読まない。他人に空気を読むことを要求しない

年末年始の郵便局のバイトが結構いい感じである

本業の年末年始の2週間ほどの閑散期に、ちょうどすっぽりと収まってくれたという感じ。なんでもっと早くやらなかったんだろうと、去年の今頃のエントリーを読み返すと、確定申告の準備やら初めての年末調整やらにおおわらわで、バイトをしようなどという発想は思い浮かぶ余地もなかった。今年はなぜだか帳簿はすでにいいところまでまとまっているのだ。
本業の予約はゼロではなかったが、お客さんに断りの電話を入れようとしたらつながらず、郵便局のほうに「今日だけ午前中であがらせてください」と頼んだらOKしてもらえたということがあった。これもありがたい!
時給は安いけど、仮にトータル5万円なら5万円という収入が確実に計算できる手段は、他にそうそうあるものではない。
貸与品のレインコート兼用の防寒着の防寒性能は、温暖な愛知県ではほぼ十分である。同じく貸与品のヘルメットは耳までカバーしてくれるので、100円ショップで買った使い捨てマスクで顔の下半分を保護すれば、防寒対策は完璧である。
前にも書いたが普通二輪の免許が役に立ったのも嬉しい。90cc・2スト・ロータリー式三段変速のスクーターは、取り回しに慣れるまで二日ほどかかったけど、慣れれば言うことをよく聞いてくれる。重いのと、2ストのさだめで一日乗り回すと靴下がいい色に真っ黒になることが玉にキズか。心なしかマスクまで黒ずんで見える。配達中のアイドリング時間が長いので、環境オタクとしては、電気自動車燃料電池車への早期の切り替えを提唱したい。