しいたげられたしいたけ

ルワンダ虐殺の責任を問われたラジオ局DJの弁明「殺せなどとは一言も言っていない。俺はただ、危ないぞと言っただけだ」

「薬師寺展@岐阜市歴史博物館」というのを観てきた

今日が最終日。行きたいと思いながら、なかなか行けなかった。
岐阜市歴史博物館というのは岐阜金華山の山懐の岐阜公園の中にあるのだが、行ったのはなぜかこれが初めて。いつものことだが、バスで岐阜公園方面に移動すると、金華山の緑の山塊が目前まで迫ってくるので驚く。

今回のメインは吉祥天女像と聖観音立像で、いずれも国宝。
吉祥天女像は、意外と小さかった。50×30センチくらい。厨子型の額に入っていた。
聖観音立像は2メートルくらい。台座に乗っていたから全体で3メートルくらいの高さになっていた。展示室の中央に光背を外した状態で展示され、後ろからも見られるのが今回の展示の売りなんだそうだ。
展示品目は少な目でコンパクトな印象。

今日は岐阜市では「ぎふ信長まつり」というのをやっていて、バスの窓から歩行者天国をやっているところが見えたのだが、なんとなくそちらはスルーした。

追記:
「薬師寺展」のチケットです。左が吉祥天女像、右が聖観音立像です。
f:id:watto:20180313020655j:plain