しいたげられたしいたけ

弊ブログでいう「知的」云々は「体を動かさない」程の意味で「知能の優劣」のような含意は一切ない

高橋尚夫・西野翠訳『梵文和訳 維摩経』(春秋社)

梵文和訳 維摩経

梵文和訳 維摩経

読んだのは少し前だが、こちらにも触れておこう。1999年7月の世紀の大発見、チベットポタラ宮で1000年以上失われていた『維摩経』のサンスクリット原典が発見されてから10余年、ようやく現代語訳が次々刊行されている。植木訳ではなくこちらを手に取ったのは、こちらの方が刊行が少し早かったのと、また値段が比較的安かったからだ。
原典は研究者にとっては汲めど尽きぬ研究課題の宝庫であろうが、一般の仏教ファンにも、いろいろと楽しみを与えてくれる。
例えば病床にある維摩居士を見舞った文殊菩薩舎利弗尊者ら一行に、「香飯」という文字通り香り高い昼食をふるまったのは、我らが娑婆国土の上方四十二恒河沙仏国土を越えたところにある「一切香妙香世界」というところに住む「最上香積如来」という仏様だが、この仏様の名前はサンスクリット原典では「ガンドーッタマクータ」とおっしゃる(p168)。
ところで浄土教系の檀家ではおなじみの読誦経典『阿弥陀経』には、上方にまします諸仏の三番目に「香上仏」という仏様が登場するが、『浄土三部経〈下〉観無量寿経・阿弥陀経 (岩波文庫)』p131によるとサンスクリットでは「ガンドゥーツタマ」というのだそうだ。「クータ」=「積む」?知らんけど。
さらに、維摩居士の病室に高さ340万ヨージャナ(=2380万km!)もあるとんでもねー巨大な「師子(獅子)座」という椅子を提供したのは、娑婆国土の東方三十六恒河沙仏国土の彼方にある「須弥相(メールドゥヴァジャ)世界」に住む「須弥燈王(メールプラディーパラージャ)如来」という仏様だが(P111)、『阿弥陀経』には東方にまします第二仏として「須弥相(メール・ドバジャ)仏」、南方にまします第四仏として「須弥燈(メール・プラディーパ)仏」の名が挙げられている(『浄土三部経〈下〉』P127〜128)。ラージャ=王はさすがに知っている。マハー・ラージャ=大王だ。
惜しいな!(何がだ?)