しいたげられたしいたけ

空気を読まない。他人に空気を読むことを要求しない

習慣はなんでもたまに変えてみるべきだということ

その1

歯ブラシはずっと「毛先が球」を使っていた。
近所の薬局で安く手に入ったし、歯茎のマッサージのためといつも歯ブラシでゴシゴシやるのだが歯茎の表面を痛めやすいのだ。「毛先が球」だと若干マイルドな気がする。
ところが今年になって、近所の薬局が扱ってくれなくなった。なぜだ?
ドラッグストア・スーパー・コンビニe.t.c.を探し回ったが、いや探し回ったというほどではない、ついでがあるときにそれとなく見て回ったが、見つからない。
仕方なく安いノーブランドに変えた。
やっぱり調子がよくないな。歯茎をよく傷つける。つか私の身体には隅々までロクなところがない(泣
そうこうしているうち、スーパーで「デンターシステマ」の特売をやっているのを見かけた。毛先が細くて歯周ポケットの奥に届くというCMを流している銘柄である。
なんとなく恐ろしげ(?)なCMで印象に残っていたのだが、さらに直前に「歯医者だけどなんか質問ある?」というようなスレタイ(うろおぼえ)の2ちゃんねるまとめサイトはてなホッテントリに上がっていて、そこでスレ主の自称歯科医が、自分用にはこれを使っていると書いていたのを覚えていた。
2ちゃん情報は一切信用しないが、歯ブラシならたとえ何を間違っても大過のあろうはずない。
気まぐれで買ってみることにした。
特売とはいえ「毛先が球」の3〜4倍の値段。高っけ〜な〜。いやなに歯ブラシくらい。
ところがこれが具合がいいのだ(゚Д゚;
最初に使った時、フワッと口臭の嫌な臭いがして「汚れがたまっていたのだな」と思った。2回目以降それはなくなったが、毛先が細いということは毛が柔らかいということなのだろう、ゴシゴシやっても歯茎を痛めることがなくなった。
デンターシステマ」しばらく使ってみよう。

その2

ビールはいつも「第三のビール」ばかり飲んでいた。はいはいそれはビールじゃありませんよ。
酒量は多い方ではない。たまに気晴らしをしたいときに、缶ビールの350mlを一缶空けて寝てしまう程度だ。
どうせ味などわからないのだからと、一缶100円以下の輸入物を買ってきて飲んでいたことがあった。あの時は外で本物の生を頼む機会があって、久しぶりだからさぞかし美味いだろうなと期待して飲んだら全然美味しくなくて、エントリーにまでしてしまったことがある。
http://watto.hatenablog.com/entry/20070820/p1(わざわざ読むほどの内容ではない)
これをきっかけに「貧乏舌」という単語を憶えた。
今回、気まぐれでサントリープレミアムモルツ」という高い銘柄を買ってみた。なんでそんなことをしたんだろう?こちらは思い当たることがない。
コンビニ店頭価格で「第三のビール」の倍近い値段。高っけ〜な〜。いやなに缶ビールくらい。
ところがこれが美味いのだ(゚Д゚;
これがいわゆる「雑味がない」という味なのだろうか。飲食店で飲む生ビールの味に近いと感じた。値段は高いといっても、飲食店の値段よりは安い。
なるほど、これが「プレミアムモルツ」とか、あとほかにも「ヱビス」とか、高めのビールが店頭からなくならない理由なのか。お酒の好きな人には周知でも、下戸には今さらながらの発見でした。
そんなんで、二〜三日かけて「ヱビス」や「シルクヱビス」など、他の高めの銘柄も買って飲み比べてみた。毎日連続して飲むと最初の感激は薄れるね、やっぱり(^▽^;