しいたげられたしいたけ

空気を読まない。他人に空気を読むことを要求しない

小ネタ集

朝、起きたら、うっすらと雪が積もっていた

積もっていたと言っても、地面に落ちた分は解けて、屋根や車の上にうっすらと残っていた程度だったが、この温暖な愛知県南部で、3月の中旬にもなって雪が残っていたというのは記憶にない。
「あの日」の翌日…不思議な巡り合わせを感じないではいられない。
ちょっとしたことを書き留めておくと、「あの時はこんなことを考えていたな」と後から興味深く感じることが多々あるから、本当はもうちょっとこまめにブログは書いておきたいと思いながら、果たせていない。

最寄りのGSが閉店していた

3月初めの話。セルフにしてはあんまり安くないなぶつぶつと思いながら、アパートからは一番近かったので、よく利用していた。
車をほんの数分よぶんに走らせれば、市内一番と言われる安売りの店があるのだから、多分競争力がなかったのだろう。

愛知県南部から名神高速に効率的に抜ける方法

国道23号線(名四国道)つか伊勢湾岸あたりから、一宮JCTまでのことなのだが。
名古屋高速の市内環状に乗ると、軽自動車750円。だが最近名古屋南JCTまで延伸した第二環状に乗ると、軽500円で済む!あ、プラス高速16号一宮線の350円がかかります。
ところが、名四から名古屋南JCT経由では第二環状に直接乗れないのだ!一旦、伊勢湾岸に乗らなければならない。もし乗ると、さらにその分の料金がかかる!
たいした距離ではないから有松ICまで一般道を走ればいいが、問題はこういう情報が、実際に道路を走ってみないとわからないことだ。
NEXCOのHPはわかりにくいことこの上ないし、Googleマップはどんなに拡大しても「名古屋南JCTから第二環状には直接乗れない」ということはわからない。ジャンクションというのは、あれはやっぱり三次元なのだな。

グラゼニ』というマンガが面白い

去年の「このマンガがすごい!」の2位だったっけ?評判が高いのは知っていたが、実際に手に取ったのは最近。
「年俸マニア」の中継ぎ投手が主人公とは言え、雑誌連載では今は各話ごとに主人公格が入れ替わっている。
一般人が容易にアクセスできない情報がふんだんに盛られているのがいいんだよな。登場人物が球場の「関係者専用出入り口」から入っていくシーンみたいな。