しいたげられたしいたけ

弊ブログでいう「知的」云々は「体を動かさない」程の意味で「知能の優劣」のような含意は一切ない

隣町の花火大会をスクーターで見に行く

隣町といっても、目立ちたがりのヘンな首長がいる北隣の某200万都市ではなく、南隣の市のほうだが。
毎年、アパートにいると爆音で「ああ今日か」と気が付く。自転車で見に行った年もあるが、自転車では少し遠い。車だと停める場所に苦労する。今年はスクーターがあるのだ。こういう場合にちょうどいい!
ブログにはしなかったが、実は8月上旬に性懲りもなくスクーターを買った。ヤマハアクシス90cc。例によって中古。トータル約8万円。性懲りもなくというのは、以前にやはり中古のスクーターを買ったことがあった。2度買い換えて、2度とも冬場にエンジンがかからなくなったため1年も経たないうちに手放してしまった。「スクーター」でブログを検索したら、もう5〜6年も前の話になるのだ。月日が経つのは早い!
これも性懲りもなく新規ビジネスの立ち上げを目論んでいて、土地勘をつけるためにうろうろしたい。零細ビジネスにとって、立地は死活を制するのだ。しかし徒歩や自転車の行動範囲では話にならない。かといって車でうろうろするのは大変だ。駐車場を探さなきゃいけないし。バイクでうろうろするのも交通安全上大いに問題があるが、せいぜい気をつけるつもり。
次から次へとモノを買うのは、これもブログにはしなかったが、7月に歯列矯正をしばらく見合わせることにしたからだ。またしてもハズレの医者を引いた、と判断したのだ。歯医者だけど。またしても、というのは「医者」でブログを検索すると…
怒ってるんじゃないかと思うようなハイテンションの大声で医療助手さんに指示を出す歯科医だということは以前にブログに書いたが、それ以外にも言うことややることがどっかヘンなのだ。片方の歯列を処置して、次に受診したときまた同じ側の歯列を処置しようとするからあわてて「そっちは前回やりました!」とアピールしなきゃならなかったり…
で、歯列矯正の前に歯槽膿漏の処置をしなきゃいけないということで、言われるままに処置を受けていたのだが、7月に受診した際にそれが一段落したらしく「次は半年後にまた見せてください」歯列矯正、忘れ去られている!
受付で次の予約を尋ねられたとき「半年後の予定は10月過ぎにならないとわからないので、その頃に電話します」と答えたが、頭の中では「もう来ねぇよ!」のAAがぐるぐる回っていた。引き返せるタイミングがあっただけ運が良かったのかも知れない。ちょっと遠いけど、以前に歯列矯正をやってもらった歯科医にでもセカンドオピニオンをもらいに行こう。
と言うわけで、歯列矯正にあてるつもりだった予算が一時的に浮いた。あれは馬鹿にならない額なのだ。
時系列が逆だが、思い立ったついでに滞貨一掃的にエントリーにしてしまいました。