しいたげられたしいたけ

弊ブログでいう「知的」云々は「体を動かさない」程の意味で「知能の優劣」のような含意は一切ない

Office2013に対するぐぢぐぢ

メインマシンのWindows7を8にアップグレードして使用している。Officeも当初は2010をインストールしていたが、2013に変えた。

Word2013で表や図形を作成しようとすると、どうもいけない。

例えば表でセルの塗りつぶしを行おうとすると、小刻みに固まる。プルダウンメニューから塗りつぶしの色を選択するのだが、マウスポインタと画面が、コンマ数秒から数秒程度、止まったままになるのだ。その程度の時間でも、使う側は「変だ」と感じる。

Word2010の時には出なかった現象である。Excel2013やPowerPoint3013もよく使うのだが、それらではそうした不具合は現れていない。

インストールの時に勧められた32ビット版から、64ビット版に変えてみた。Office2010は64ビット版を使っていたのだ。

現象は解消しなかった。

メモリが足りないのかなと思った。勤め先のパソコンでは同じ現象は現れていないが、調べてみると3GBしか積んでいない。私のマシンは4GBなのだ。

ダメモトで8GBに積み増ししてみた。メモリを増やすこと自体は嫌いじゃないのだ。

やはり現象は解消しなかった。

「システムの評価」を表示させてみる。「Windows エクスペリエンス インデックス」とかいうやつ。「グラフィックス」と「ゲーム用グラフィックス」の評価が低い。このあたりに原因があるんじゃないかなと想像する。

私のマシンはネット通販で買った5万円弱の格安品、いっぽう勤め先のマシンは10万円以上かけているはず。要するにマシンが非力なのだろう。

かと言ってノーパソのグラフィックス能力を簡単に改善する方法は思いつかない。

それにしても、ソフトウェアをバージョンアップしたことによって、これまでできていたことができなくなるなんて非道いんじゃね?今回に限ったことじゃないが(;△;)

追記:(5/22)

グラフィックスドライバを疑って、Solvusoftというところがバナー広告を出していたDriverDocというソフトをインストールしてドライバの一括更新をかけたところ、ちょっとだけ改善がみられました。

製品のサイトはこちら。ただし有料。$39.95。

http://www.solvusoft.com/ja/driverdoc/landing/

ちょっとだけ改善というのは具体的には、更新かける前は表や図形の塗りつぶしをリボンのボタンでプレビューする時点で小刻みに固まっていたのが、更新後はプレビューの段階ではなんともなく塗りつぶしを実際に設定した直後に短時間固まるようになったということです。

これでも不満は不満なんですが、使用時のストレスは少し軽減されたかなという感じです。