しいたげられたしいたけ

空気を読まない。他人に空気を読むことを要求しない。

肩こりの治療を整体院から接骨院に変えてみた

家庭の事情というやつがあって、週に一度は実家に戻る生活パターンが続いている。

実家のごく近くに接骨院があり、身内がここに通っている。

試しに私も行ってみることにした。「はてダ」のほうでたびたび書いている通り、職業病の肩こり・腰痛・眼精疲労に悩まされているのだ。

これまで通っていた整体院は、装置の類は使わないで、足・背中・肩のツボをソフトに丹念にマッサージしていくやり方だった。

接骨院のほうでは、様々な装置を使う。首を吊り上げる装置(文字にすると物騒だが、もちろん首は締まらない)、腰と肩に電流を流す装置(もちろん感電はしない)、それにマッサージチェア(これはボケを思いつかない)。

接骨師さんの手による施術もある。力いっぱい体を捏ねくり回される感覚だ。足なんか伸ばしたり捻ったりするし、腰や肩を揉むにも全体重を乗せてくる。

それが効くのだ(゚Д゚;

どうも私の体質には、この接骨師さんの施術が合っているようだ。いや整体院に通っていた期間はけっこう長いから、ちょっとマンネリになっているのかも知れない。「整体」で「はてダ」を検索すると「効いた」と感激している記事が、けっこうヒットするんだけど。

何より保険が効くのがありがたい!保険の効かない整体院では1回だいたい4000円かかるが、整骨院だと初診料約1000円、二回目は500円とちょっとで済んだ。いや治療にかかる費用は惜しまないんだけど、それにしても安くすむのであれば、それにこしたことはない。

習慣はなんでもたまに変えてみるべきだという、弊ブログではよくある結論。

実はブログを始める前、10年くらい前に今住んでる市に引っ越す以前には、カイロプラクティックにしばらく通っていた。そこでは背骨や頸椎をやたらとポキポキ言わせていた。鍼や灸も使ったし。ただしそのわりには「効いた」と感激した記憶は、あまりないな。

カイロ、整体、整骨のパターンはいくつぐらいあるんだろう?飲食店と違ってそうそう簡単に新規開拓できるもんじゃないから、ちょっと気になる。