しいたげられたしいたけ

期間限定トップ「肌の色や出自や信仰の違う他人を、憎むように生まれついた人間などいない」ネルソン・マンデラ rt by バラク・オバマ

肝心な時に役に立たない非常用AMラジオの件

ぐぢぐぢです。

うちの地方にも豪雨が来た。「一時間に100ミリを越える猛烈な雨」とTVが言っている。

市内の一部で停電も発生したと、防災行政無線で言っていた。

幸い拙宅は無事だったが、この機会に非常用に準備してあったAM専用ラジオのチェックをしてみた。停電の時に、ラジオ一台あるとないとでは大違いだから。

電池が切れていた。買い置きの電池と交換する。一瞬どこかの局の音声が流れたが、選局ダイヤルを回すと、ガリッとか言って、あとはツーというノイズしか出なくなった。振ったり叩いたりしたけどダメ。信頼性を重視して、あえて単機能のAM専用ラジオを選んだんだけどな。それに、買ってから確かまだ4年ほどしか経ってないはずだぞ。

日本を代表する家電メーカの製品なのに、なんなんだこれは?

外出する必要があったので、ついでに代替品を求めるため近所の家電量販店に寄ってみた。そういう天気の時に外出するなよという突っ込みは黙殺する。

あるわあるわ、手回し式発電機付きタイプ、太陽電池付きタイプ、懐中電灯付きタイプ…いやいや、そういうのが欲しいんじゃなくて、シンプルな単機能のラジオが欲しいんだけどな。それに値段は軒並み4000円台とかが普通じゃないか。

日本最大級と言われる家電量販店のチェーン店なのに、なんなんだこれは?

別の家電量販店に寄る。使えなくなったのと全く同じタイプのAM専用ラジオが、あっけなく見つかった。そうそうこんな包装だったと、買った時の記憶が蘇る。980円。

有名じゃないメーカのもので680円というのも隣に置いてあった。そっちを購入することにした。

「日本の家電は特にバブル期以降ダメになった」という意見をときどき見聞きするが、私の実感とよく一致している。