しいたげられたしいたけ

空気を読まない。他人に空気を読むことを要求しない

3年ぶりに郵便局の年賀状のバイトが当たった

「当たった」というのが適切かどうかはわからないが、心象的にはそう表現するのがぴったりなので。スケジュールが合わないというのが主理由で、ここ2年ほどこのバイトができなかった。

今年は募集のチラシを見ると、12月中旬スタートで、副業の一つが終わるのとちょうど入れ替わりだった。私個人にとってはドンピシャおあつらえの日程なのだが、これは暗に学生バイトを排除してるんじゃないかなとも思った。冬休みがまだ始まらない。

面接で志望理由を尋ねられた。「スケジュールがちょうどよいので」と正直に答えた。カレンダーの出勤できる日に丸をつけてくれと言われたので、心置きなく全部○と書き込んだ。それもちょっと情けないかもだが。そうしたら採用通知が来た。

出勤初日にもらったシフト表によると、出勤が本格化するのは23日までの連休後で、それまでは休日だらけのガラガラの日程である。ますます学生バイトを排除したかったんだなと思った。

これまで2度ほど出勤したのだが、まだ年賀状業務は本格化していない。待機時間を潰すためにディスプレイ作業のトレーニングばっかりやっていて、たまに軽作業のお手伝いに呼ばれる程度である。いやはや何というか無駄の多いことで。

日本郵便トヨタから人を呼んでカイゼンに熱心なんじゃなかったのか?いやきっとこれは学生バイト…(わかったしつこいもう言うな>自分