しいたげられたしいたけ

弊ブログでいう「知的」云々は「体を動かさない」程の意味で「知能の優劣」のような含意は一切ない

床屋を変えてみる

行きつけの床屋は、何年か前に店主と思しき男性理髪師が引退してから、行くたびにハサミを持つ人が変わる。事情はわからないが、アルバイトか何かの理髪師が、毎回入れ替わるのだ。
おしゃれとか全然わからないクチだから見てくれは気にしないが、髪の毛とは言え毎回知らない人に体を触られるのは、案外ストレスである。
方角は違うが直線距離でさして変わらぬところに、そこよりさらに300円くらい安い値段の看板を出している床屋がある。
気まぐれで、そっちに入ってみることにした。
これだけのことでも、習慣と言うものは変えるのに意外とエネルギーが要るものだ。まあいつものことで、自分には習慣を変える力があると前向きに考えることにしよう。
で、仕上がりだが、元々格安の床屋しか使ってなくてさらに安いところということで、短くさえなれば文句はないから、今のところ感想も何も思い浮かばない。ほぼ毎月のことだから300円でも安くなるのはびんぼ〜人にはありがたいし。
過去日記を「床屋」で検索したら、以前の床屋が「へただ」とボヤいていたことがあった。
なにしばらく使ってみて、何か気に入らなければまた変えればいいだけのことだ。