読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しいたげられたしいたけ

空気を読まない、他人に空気を読むことを要求しない

アルコールは眼精疲労の敵なのか?

健康 食事

たびたび書いているように、仕事も趣味もパソコンという、いろんな意味で問題のある生活を送っている。
その「いろんな問題」の上位にランクインするのが眼精疲労である。ここんとこ連日ひどい。目の奥が、常時ずーんと痛む。冗談で言う「目がつる」「目をくじく」(言わないか?)を、シャレでなくした感じ。
特にアルコールを飲んだあとがよくない。当日から翌日にかけて、痛みがさらに激しくなる。鈍痛ではなく激痛。

スポンサーリンク

 

これもたびたび書いているように、私は決してアルコールに強い体質ではない。日本酒なら一合、ビールなら中ジョッキ一杯以上は受け付けない。それ以上飲むと、動悸が激しくなって苦しくてたまらなくなるのだ。
だけど、たまにはつか週に二、三回程度は飲みたくなることもある。少し前に流行った言い回しだと「頑張った自分にご褒美」的に。頑張ってないけど。
その報いがコレではかなわんなぁ。もともと楽しみなんてそんなにないのに、その数少ない楽しみをさらに奪わなくてもいいのにと、泣き言の一つも言いたくなるではないか!
だが「アルコールが眼精疲労に悪い」という言葉は、あまり聞いた記憶がない。アルコールを摂取した後のあの痛みが、ただ目に悪いだけなのか、それとも好転反応みたいな意味がちょっとでもあるのかだけでも知りたいものだ。好転反応の意味がカケラでもあるなら、ずいぶんと気が楽になるのだが。
ちなみに「眼精疲労 アルコール」でぐぐった最初のほうのページには、上記の疑問にズバリと答えてくれるサイトは出てこないが、「適度な量であれば目にいい」「目に悪い」という正反対の内容の記事が1ページ目に表示される。どっちやねん!?
ある奈良県の眼科医が目について書いたブログ : お酒は目に良い? 悪い? 糖尿病や高血圧だけではなく、緑内障や白内障にも影響?
アルコールは飲まない/眼精疲労・疲れ目解消の知恵辞典