しいたげられたしいたけ

人権を守るには人権を守るしかない。人権以外の何かを守ることにより人権を守ろうとする試みは歴史的に全て失敗した

フロッピーディスクを廃棄する

新しいパソコン導入に伴い不要物を整理しようとしている。
ワープロ専用機時代のフロッピーディスクがまだ残っていたので、廃棄することにした。ワープロ自体はとっくに処分してしまったし、データはパソコンのテキストファイルに変換できる分は変換してどっかに保存してあるはずだから、保存している意味はなかったのだ。
私のやり方は、金属部品・ディスク・樹脂に分解して、それぞれ別に捨てている。
こんな感じ。スプラッタやな。

ディスクとディスク中心の丸い金属は、手で簡単に引きはがせる。あとシャッターを閉じるための細かいバネがあるので注意が必要。
金属部品は、近所にリサイクル業者があるので、そこに持って行った。磁性体が塗布してあるディスクは、うちの自治体の場合カセットテープやビデオテープがなぜか可燃ゴミ扱いなので、可燃ゴミに(それでいいんだよね? って誰に聞いている?)。樹脂はもちろんプラゴミ。
ワープロ専用機用FDの廃棄に先立って、パソコン用FDはとっくに廃棄してしまっていた。その他にMOがけっこうたくさん残っているが、こちらはMOドライブが壊れてしまったため使っていないのに、まだ処分する気になれないので残してある。まあ私に限らず大部分の人間のやることは理屈が一貫していないものであろう。
他に、あまり使わなかったり用済みになったりしたパソコン周辺機器のうちの比較的美品を、近所のジャンクショップに持って行った。

SDカードリーダとかwebカメラとかは、今のパソコンにはついてて当たり前だが、ほんのちょっと前は外付けしないとなかったのだ。あとハードディスクからデータサルベージ用のケーブルとか、USB⇔マイクロUSB変換ケーブルとか。
「タダでもいいですよ」とは言ったけど、ジャンクショップの店長は義理堅い人で、引き取ってくれるときにはいつも少しでもお金をくれる。ありがたい。
ただしこの程度の処分では、容積比でモノが増えた分量の方が減らした分量よりはるかに多いという、よくあるオチがつく。
はてなブログには下記新規エントリーを公開しました。
実はマンガ描いてました(その4)