しいたげられたしいたけ

空気を読まない。他人に空気を読むことを要求しない

マウス選びに2日越しで苦労する

またマウスが逝った(T_T)
今回の死に方は、USBコネクタに接続すると「ドライバが正常にインストールできませんでした」とエラーメッセージが表示されるというもの。パソコンを変えても同じ現象が出たので間違いない。
ブログを検索すると、ちょうど3年前にまとめ買いした奴だ ⇒ 「PCメインマシンの引っ越し - しいたげられたしいたけ」 去年も一匹死んだとか書いていた ⇒ 「マウスの死に方 - しいたげられたしいたけ
あれ? 残り一台しかないぞ。「まとめ買い」とか言いながら三台しか買わなかったっけ? 型番の違うものを買うと、つなぐたびにデバイスドライバがインストールされるのが面倒なので、極力同じ型番をまとめ買いするようにしている。一件の電機店に置いてある在庫数は限られているので、まとめ買いと言っても数は知れているが。
それとマウスにはこだわりがある。とにかくサイズが小さいのは嫌いだ。バッファロー製は位置決めが甘い気がする。エレコム製はホイールの感触が好きじゃない。サンワサプライ製は…ええっと、何だったっけな。とにかく一番好きなのはロジクール製だ。これらはあくまで私の主観です念のため。
しかし前回まとめ買いしたのもロジクール製だったので、もしロジクール製の寿命が一般に短いのだとしたら、嫌だな。
それから、根拠はないのだが壊れ方から想像するとコードが脆いような気がした。ワイヤレスマウスは何年か前に一度買ったことがある。コードがないのは確かに快適だった。だが、反応が悪くてちっとも思ったところがポイントできず使いづらい。買って早々にお蔵入りさせ、そのうち処分してしまった。コード付きマウスの方が信頼できると思った。しかし他人が使っているマウスを見ているとワイヤレスが圧倒的に多く、特にここ一、二年はワイヤレスでないマウスを使っている人を探すほうが難しいくらいだ。あくまで私の観測範囲です。私が買ったワイヤレスマウスがハズレだったか、ワイヤレスマウスの信頼性が向上しているのかも知れない。店頭に並んでいる商品は、ワイヤレスとそうでないのが半々くらい。ワイヤレスも選択肢に含めるべきだなと思った。
あと、余計なボタンは一切いらない。あっても結局使わない。
そんなこんなで、電機店の店頭で、迷いに迷った。市内と、隣町にある電機店を、何度か往復した。好みの条件をドンピシャ満たすものが、なかなか見つからないのだ。
2日越しで迷って、結局ロジクール製のM310tというのを選んだ。隣町の電機店で税込1,922円。今回はまとめ買いせず、試しに一台買って使ってみることにした。

心配していた反応の悪さがない! コード付きマウスと全然変わらないぞ! それが当然なのか? してみると以前買ったワイヤレスマウスは、やはりハズレだったのかな? だとしたらコードが邪魔にならない分ワイヤレスのほうがいいに決まってる。
しかし今回は、まとめ買いするかどうかは微妙。以前に買ったマウスで生き残っているのがあるし、またワイヤレスマウスには電池という消耗品が必要になる。使わないマウスに電池を入れっぱなしにしておくと劣化が心配だ。
それに、これまではパソコンを何台も保有していたけど、これから実質使うのは、今使っているメインマシンと新しく買った17インチディスプレイ機の2台だけになる予定。1台のマウスを使いまわしたとしても、何の問題もない。
これまでマウスをまとめ買いするなんてヘンな習慣があったのは、パソコン教室を経営していたからなんです。パソコン教室の思い出は、今後ちょくちょくブログに書いていこうと思っています。
はてなブログには下記新規エントリーを公開しました。
『冗弾の射手(その1)』