読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しいたげられたしいたけ

人権を守るには人権を守るしかない。人権以外の何かを守ることによって人権を守ろうとする試みは経験的に全て失敗している

古〜いカセットテープを処分する

10月7日のエントリーに、フロッピーディスクのまだ残っていた分を廃棄したことを書いたが、それどころじゃないもっと古いものが出てきた。学生時代に録りためたカセットテープだ。30年くらい前のものだ。
再生機器はまだ持ってるから試しに聴いてみてもいいけど、寿命の短い磁気メディアのことだから、まあ処分するしかないだろう… と思いつつ、分別作業を始めたら、廃棄することにものすごい抵抗を感じた。当時の思い出が、もわっと蘇ってきたのだ。
捨てるしかないんだけど、せめていつものガラケーで写真を撮っておこう。

生協ブランドとか、どこのメーカのものかもわからない廉価品。SonyMaxellなどもうちょっと名を知られたメーカのものもあるが、どっちかつとこれらの方が懐かしい。当時はレンタルレコード店が創業されたばかりで、それがけっこう話題になったりしていたが、レコードを借りる金も惜しくてラジオ放送を録音していた。「エアチェック」なんて言葉は、今の若い人には通じないだろう。CDが出現するのがこの少し後で、それから今のようなダウンロード全盛の時代がやってくる。写真右下にBeatlesという文字がかすかに読めるけど、今どきBeatlesを聴こうと思ったらYouTube他でいくらでも聴けるようになってしまった。これ当時ワープロなんかなかったからシール一枚一枚貼ったんだよ。
こういうものに価値を感じるのは、世代によって異なる固有の記憶なんだろうなぁ。
しかし録りためたカセットの数は、こんなもんじゃないはずだ。どこかを探すと、この何倍もの数が、ごそっと残っているはずだ。それを処分するときの心理的ダメージが、今からちょっと心配だ。捨てるけど。
はてなブログには下記新規エントリーを公開しました。
『さいてっく赤岡くん1コバンザメ足こぎボート(その3)』