しいたげられたしいたけ

弊ブログでいう「知的」云々は「体を動かさない」程の意味で「知能の優劣」のような含意は一切ない

春日大社の特別拝観というのに行ってきた

参詣ネタ多いな〜。ここのところ半年に一度は他人のお供で引っぱりだされる。例によってプライバシーに関わることなので詳細はブログには記さない。いつものガラケーで撮った写真だけ貼ってゆく。
バスツアーを利用した。往路の中途で便利だったということだろう、青谷〔あおだに〕梅林というところの梅まつりというのを、まず見せてもらった。

観賞用ではなく食用の梅を栽培しているところだそうだ。

奈良公園に移動。

昼食をいただく。

シカが寄ってきた。

若草山を左手に見ながら…

参道を徒歩で移動。

灯篭には、なぜかみな紙が貼ってあった。夜は本当に灯をともすんだろうか?

本殿境内。特別拝観の立て看板が。

普段はこの「入口」というところから中には入れなくて…

この参拝所から拝むのだが…

今は「第60次式年造替記念」ということで、本殿の前で参拝することができる。
本殿正面の写真撮影は遠慮してます。

上の写真の右端に見える紅梅越しに本殿を撮ってみた。

他にもいろいろイベントがあり、これは「万灯篭再現」とのことで、春日大社境内に数多く下げられている灯篭に灯が入った様子を、暗い屋内でLEDを使って再現していた。
屋内の撮影は遠慮した。LEDをローソクのように明滅させていた。

後殿〔うしろどの〕参拝所の特別開門といって、本殿の背後にある末社の参拝所の扉が開かれるのは、明治維新以来の約140年ぶりなんだそうだ。

御蓋山浮雲峰〔みかさやまうきぐもみね〕遥拝所。本殿の右奥、三枚上の写真の紅梅の裏あたりにある門から出るとある。

南門。今回はなぜかガラケーのデジカメの調子が良くなくて、空が滲んだように写るのが不満。