しいたげられたしいたけ

人権を守るには人権を守るしかない。人権以外の何かを守ることで人権を守ろうとする試みは歴史的に全て失敗している

Nexus7が死んだ(T_T)

現象はミニUSBをアダプタにつないでも充電できないというもの。正常であればディスプレイに電池のマークが表示されるがブラックアウトしたまま。当然、電源も入らない。
ブログを検索すると、買ったのは2012年の12月。2年とちょっとしか使っていない。
電子機器の寿命は家電に比べて短いものだが、にしても短すぎね?
ネット通販で買ったので修理どうしようと思い、ネットで検索する。
Nexus7が故障した時の修理方法と交換方法|お助け情報の森
とか、
Nexus7 サポートセンタ 故障連絡先 Nexus7ではじめるAndroid
とかが出てきた。要するにASUSのコールセンターに電話すればいいのか。
電話してみた。つながりにくいと書いてあったが、幸いすんなりつながった。
自動ダイヤルを何度か選択して、オペレータにつなぐ。
オペレータさん「一つだけ試してください。ACアダプタをつないだまま電源ボタンを1分ほど押しっぱなしにしてください」
試してみた。ダメだった。その旨を告げる。
オペレータさん「購入して2年ですと保証期間は過ぎているので有償修理になります」
まず検証費。これは修理してもしなくてもかかる費用で、4,320円。
面倒なんで以下、税抜きで示す。
予想される費用としては、修理費が2,000円、マザーボードの交換になりそうなので12,000円、バッテリも交換しなければならないとなると、さらに6,000円。
私「新しいのを買った方が安いじゃないですか〜(泣」
というわけで、リサイクルマークがついているので廃棄するにはどうしたらいいか尋ねてみた。
オペレータさんによると、ASUSのホームページからリサイクル申請用紙をダウンロードしプリントアウトして必要事項を記入・同梱し、ASUSジャパン修理センターに品目「リサイクル」として着払いで送ればいいとのことだった。
送り先住所を電話口で教えてもらった。あとでホームページを探したが送り先は見つからなかったので、たぶんコールセンターに問い合わせなければ教えてくれないんだろう。
3月12日のエントリーで「とっておいた」と書いた梱包材が、当初の目的とは違う用途だったが役に立った。嬉しくないけど。
2年そこそこの短い寿命だったが、それなりに役立ってくれた。タブレットというのはこんなもので、Androidというのはこんなものだということがわかったのが何よりだった。
だがタブレットはそのうちまた買いなおさねばなるまい。なにせメインで想定していた、自炊した書籍PDFファイルの閲覧という用途では、まだほとんど使っていない。
なんでも試してみるということでは、次はKindle買ってみるか(-"-;