読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しいたげられたしいたけ

空気を読まない、他人に空気を読むことを要求しない

mouse computerリカバリ時のデバイスドライバはHPからダウンロード要

パソコン メモ

3月20日のエントリーに書いた人んちのノートパソコンの件だが、やはりつか何つかチェックディスクだけではトラブルは解決しなかったとのことなので、リカバリをかけることにした。
幸い物持ちのいいお宅で、ソフトの再インストール時に必要な各種シリアル番号が全部保管してあったので楽だった。
ここじゃないけど、年配の人で、ソフトを買ってCD-ROMだけとっといてシリアル番号含むその他すべてを速攻で捨ててしまった人が実在するからなぁ…
それはさておき、「半日仕事になりますよ」「データが100%復元できるとは限りませんよ」と承諾を取ったうえで、作業スタート。
が、のっけからつまづいた。リカバリディスクがない! Windows7機だったがOSのDVDはあるけどデバイスドライバのメディアが見当たらないのだ。原色だらけの派手なラベルを貼ったメディアがもう一枚あったが、ラベルの英文を読んでも、どうもそれっぽくない。
ノーパソ本体にマウスコンピュータのサポートセンターの電話番号が貼ってあったので、電話してみた。幸いあっさりつながった。
サポセンの人「そのDVDはビデオ関係のアプリケーションですからリカバリには関係ないです」ああやっぱり。
私「では御社のホームページからダウンロードできませんか?」
サポセンの人「今、手元にパソコンがあるのでしたら、操作方法を説明します」
以下、メモ。
マウスコンピュータのトップページを検索、黄色いグローバルナビ(トップのメニュー)から「サポート情報」というのをクリックする。
紫色の「Search」という虫眼鏡のアイコンの付いた「製品別 情報検索」という項目があるので、テキストボックスに製品シリアルNo.を入力する。シリアルナンバーはノーパソの底にシールで貼ってある、アルファベットのUで始まる数字だった。何桁だったかは忘れた。
そうすると「Windows8.1」「Winodws7(64ビット版)」「Winodws7(32ビット版)」というメニューが表示されるので、今回の場合「Winodws7(64ビット版)」を選択。
「■各種デバイスドライバのダウンロード」というのが出てきた。作業時のためにキャプチャしたスクリーンショットが残っていたので、貼ってみよう。

この12個のファイルをダウンロードして、zip形式なので展開(解凍)して、全部インストールすればいいとのことだった。
正常に動作する自分のパソコンで作業したが、ダウンロード自体は思ったほど時間がかからなかった。10分程度で済んだかな? ただし有線LAN経由。無線LANで、まとまった分量のダウンロードをやろうとするとやはり思わぬ時間を食うことがある。
それから、展開したファイルは軽く1GBを超えたので、CD-ROMだと1枚には収まらない。DVDに焼いた。
あとはひたすら作業。待ち時間の間は「はてな」とかネットで遊びつつ作業。
オフィスソフトはライセンス番号が印刷されたカードがあったので、ダウンロードで難なく再インストール完了。
ウイルス対策ソフトは、プロバイダ契約とセットだったので、これもダウンロードで再インストール。契約書類がきちんと残っているので助かった。
某××ソフト…
私「あのー、ライセンス番号を入力すると『インストール台数が上限に達しています』というメッセージが出てくるんですが…」
依頼主「ああ、これはこれでいいんです!」
…まあ、いろいろあるんでしょう。深く考えまい。
あとはWindows Updateだが、180件とか出てきたので、さすがにこれは「あとはよろしく」と任せた。