しいたげられたしいたけ

拡散という行為は、元記事の著者と同等以上の責任を拡散者も負う

固定電話+プロバイダの乗り換えに先立ってガラケーを格安スマホに乗り換えた

この話題はあと何回も続きそうなので、新たに「乗り換え」タグを作りました。これまでみたいに前記事にリンク貼っていたら、リンクがいくつになるかわからないので。
前回のエントリーに書きそびれたが、NTTの契約解除はケーブルTV会社がやってくれるけどプロバイダの解約は自分でやらなきゃならないとのことだった。
プロバイダ会社に電話を入れると、解約の書類を送るので必要事項を埋めて返送してくれと言われた。3日ほどして書類が届いたので、いろいろ書き込んで投函した。
現状で通信速度がどのくらい出ているか、いくつかのサイトで測ってみたら8Mも出ていて驚いた。5年前に引き払ったアパートは2M程度しか出ていなかったはずだ。あれから測ってなかったっけ? 実は今のアパートは目と鼻の先にNTTの中継局があって、でかいアンテナが窓から見えるほどだ。下手すると光に切り替えた方が遅くなる恐れすらある。まあ前に書いた通り、配線の老朽化を心配しての乗り換えだからしゃあないが。
むしろ通信料金を節約するならガラケー+Pocket WiFiを格安スマホにまとめるのが先だろ、ってことで、最寄りのイオンスマホ取扱店を調べて行ってきた。なおイオンスマホというのは品のない言い方らしくて、AEON MOBILE(イオンモバイル)またはAEON NEWCOM(イオンニューコム)と言うべきらしい。知らんけど。それを言ったら格安スマホではなくMVNO(モバイル・バーチャル・ネットワーク・オペレータ:仮想移動体通信事業者)と言うべきかもだが…「イオンスマホ」「格安スマホ」のほうが圧倒的に覚えやすいよね?
それはともかく、拙宅周辺にイオンは何店舗もあるが、イオンモバイルが入っているのはイオンモール大高というところまで行かなければならなかった。渋滞していなければ車で20分ほどの距離だが、これまで行ったことなかった。行ってみてわかったのだが、うちからだと名古屋南ジャンクションという地元民でも迷うラビリンスを経由しなければならないことと、休日には買い物客の車で周辺道路があまねく渋滞することで、こんなことでもなきゃ足を向ける気にならないところだった。
写真くらい貼ってみよう。

とにかくでかい。ちょっと角度を変えてもう一枚。

さらにちょっと角度を変えてもう一枚。行かなかったけど中にシネコンまで入っているらしい。

建物内部の吹き抜け。足がすくみそう。

イオンニューコムは3Fの奥まったところにあった。

一度では用が足りなくて、二度足を運んだ。一回目は必要なものを確認するだけで終わってしまった。必要なものとは、MNP(携帯電話番号ポータビリティ)を利用するために必要な10桁の「MNP予約番号」なるものと、クレジットカードと身分証明できるものである。クレカと免許証は携帯していたが、MNP予約番号はdocomoの場合ケータイから151を入力して自動音声に従って番号入力すれば取得できると言われたものの、なぜか私のガラケーが番号入力を受け付けてくれず、代理店で発行してもらってくださいと突き放されてしまった。
あとでネットで調べたら、固定電話からフリーダイヤルで取得することも、My docomo(ドコモのサイト)から取得することもできるとわかった。
二度目は、ネットで取得してプリントアウトしたものを持って行った。こちらの要望としては、テザリングと、あとはせいぜいマップが使えればいい。その旨を告げると、月額1,650円の「イオンの一押し!! 6GB/月プラン」というのを勧められた。ただし小さく「※特典適用により」と書いてあって、これがどういうことかというと、月1,650円というのは契約2年目までで、それ以降は月2,405円にアップするとのこと。また通信量も2年目からは5GBに下がるとのことだった。世知辛いなぁ。ぶつぶつ。
あと案の定オプションをいろいろ勧められた。破損に備えた「安心保障」、それと電話サポートとセキュリティをセットで月額600円とのこと。「スマホは壊れる」という頭があるから「安心保障」だけは必要そうだが、電話サポートは使わないしセキュリティはESETのライセンスが残っているのでそれを使えばいい。あれ? ブコメに書いた記憶はあるけどブログには書かなかったかな? セキュリティソフトは無料ソフトとウイルスセキュリティZEROを別とすれば、ESETが最もコストパフォーマンスが高いようで、2台以上にインストールする場合でも5台版を買った方が安上がりなのだ。とまれ「安心保障」単独だと月額350円とのことで、これだけ申し込んであとは断った。あ、今回の値段はいずれも税別です。
イオン大高店は「商品即日お渡し可能店舗」だがSIMは即日発行と言うわけにはいかず後日宅配とのことだった。スマホだけ持って帰っても使い道はないが、開封の儀くらいやってみよう。いやSIMがなくても無線LANにつないで遊ぶことはできるのか。まああわてることはない。
バッグと取扱説明書の下の「S301」と書かれた白い箱が商品だ。KYOCERA製、にっきゅっぱ(別)。

箱を開けたところ。タッチパネルの保護カバーはまだ剥がしていない。