しいたげられたしいたけ

拡散という行為は、元記事の著者と同等以上の責任を拡散者も負う

中欧四ヶ国格安パック旅行のコンデジで撮った写真を貼りつつ旅先で浮かんだ妄想を書き連ねる(その0:出発)

取り急ぎの報告を「はてなブログ」の方に上げた通り、おかげさまで22日に無事、帰国しました。
帰宅後の後片付けが思ったよりかさみ(つか出発前にはほとんど念頭になかった)、しかも効率悪くやっていたので遅くなってしまいましたが、約束通り旅先で撮った写真を少しずつ貼っていきます。ただし型落ちの安いコンデジで撮ったもので、しかもフォトライフの無料版を使用していますので、画質に期待はしないでください。
そもそもなんで海外旅行に行ったかというと、実家の親族が「格安のパックツアーがあるから一緒に申し込んどくよ!」てなことで、半ば強引に連れ出されてしまったのだ。最初、語学要員のつもりかなとか思ったけど、そうでもなかった。みんな買い物程度では困らない英語を話すのだ。表示価格19万円、燃油サーチャージとか海外旅行保険とかいろんなものを足しても20万円台前半というのは、諸広告と比較すると確かに破格の安さだ!
行先はチェコオーストリアスロバキアハンガリーの中欧ヨーロッパ四ヶ国で、大韓航空利用。行先四ヶ国中三ヶ国が旧共産圏でまだまだ比較的物価が安いと言われることや、大韓航空が割安な航空会社として知られていることが関係しているのだろうか?
今回は、出国から現地のホテルに着くまで。中部国際空港国際線A1〜A2チェックインカウンターは大韓航空なんだ。へぇ。エコノミー利用だからここは使わなかったけど。

仁川国際空港まで利用したB767(だったかな?)。

名古屋は雨だったけど、ソウルは晴れていた。

仁川国際空港の内部。でかい! 事実上の日本のハブ空港と言われるだけのことはある。

ここでプラハ行きのB747に乗り換える。ジャンボジェットって、まだ現役だったんだ。

10時間のフライトは慣れない身にはキツかった。
プラハ国際空港。残念ながら天気はよくなかった。

空港構内。

空港外観。

ヨーロッパに到着して以降は、ずっとバス移動だった。ベンツ社製である。

バス車窓から撮ったプラハ市内。お、市電だ。

時差マイナス8時間。着いてすぐにホテルにチェックインした。これは楽だった。

ホテルの売店。特産品のボヘミアングラスが並んでいた。買わなかったけど。

この項続きます。