読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しいたげられたしいたけ

人権を守るには人権を守るしかない。人権以外の何かを守ることによって人権を守ろうとする試みは経験的に全て失敗している

【童話】スーとお花ばたけ(その1)

前口上

1月3日のエントリー「三島由紀夫はなぜ『卵』を好んだか?」に関連して、パソコン通信時代に、こんな童話を作ったことがあります。ただし今回はサルベージできませんでしたので、筋を思い出しながらの再話になります。

1回では完結しないので連載にします。何回で完結するかは、書いてみないとわかりません。そんなに長くはならないはずです。

自分で絵をつけようかなと思ったのですが、それをやると着手まで長くなるので、フリー素材をお借りすることにしました。

番号を細かくつけています。本来は、番号ごとに絵をつけるつもりでした。

スポンサーリンク

 

スーはかしこい女の子。

スーが八つになったとき、おばあちゃんが言いました。

「ししゅうをおしえてあげようね」

スーはおばあちゃんが大好きです。

お父さんがししゅうのどうぐを買ってくれました。

スーはお父さんが大好きです。

お母さんがお花をおなべでにて糸をそめてくれました。

スーはお母さんが大好きです。

おばあちゃんにおそわりながら、スーはししゅうをはじめました。

さいしょはめんどうくさかったけど、

白いぬのの上に、きれいなもようができるようになると、

どんどんたのしくなりました。

スーはおばあちゃんとお母さんに、糸をそめるお花や草もおしえてもらいました。

バスケットにお花や草をあつめてくると、それでお母さんが糸をそめてくれるのです。

おばあちゃんはスーに言いました。

「山のむこうのお花ばたけには、けっして行ってはいけないよ」

「どうして行ってはいけないの?」

スーはたずねました。

「むかしね、山のむこうのお花ばたけにいったまま、

かえってこなかった女の子が、何人もいたというんだよ」

スーはこわくなりました。

(つづく) 

f:id:watto:20160108012929p:plain

かわいいフリー素材集 いらすとや 様より