しいたげられたしいたけ

空気を読まない。他人に空気を読むことを要求しない

【童話】スーとお花ばたけ(その2)

蛇足

その1」で「何回になるかわからない」と書いてしまいましたが、それじゃあんまりなので、起承転結ってことで全4回を予定することにします。

なお一昨年の12月13日のエントリーに「絵のリハビリを兼ねて絵本を作成しようかな」と書いたのは、このストーリーを絵本に仕立てるつもりだったのです。GIMPかフォトショイラレの練習を兼ねて、という皮算用でした。しかしこれでも他にやることが山積でなかなか手をつけられず、いつになったら公開できるかわからないので、文字だけでも先行公開することにした次第です。

スポンサーリンク

 

ある日スーはお花をつみに、バスケットをもって出かけました。

バスケットには、ししゅうのどうぐも入れていました。

とっても気に入ったもようのししゅうができたので、もっていたかったからです。

10

いつもの野原につくと、ふだん見たことのない大きなちょうちょがいました。

ちょうちょは、手のひらくらいの大きさでした。

よく見るとちょうちょのはねには、お花のもようがありました。 

「きれい」

スーは思いました。

11

そこへもう一羽のちょうちょがとんできました。

ちょうちょはもっと大きくて、おさらくらいの大きさでした。

ちょうちょのはねには、ねずみのもようがありました。

「きれい。でも、ちょっとふしぎ」

12

二羽のちょうちょは、どこかへ飛びさっていこうとしました。

スーはちょうちょをおっかけました。

そこへむこうから、もう一羽のちょうちょがとんできました。

ちょうちょはもっともっと大きくて、おとなのかおほどの大きさでした。

ちょうちょのはねには、ねこのもようがありました。

「きれい。でも、とってもふしぎ」

13

スーはちょうちょをおっかけました。

ちょうちょをおっかけて、山のはざまのほうへとちかづきます。

そこへむこうから、もう一羽のちょうちょがとんできました。

ちょうちょはもっともっともっと大きくて、お母さんのかがみほどの大きさでした。

ちょうちょのはねには、いぬのもようがありました。

「きれい。でも、なんだかこわい」

14

スーはいつの間にか山のはざまをとおりぬけて、山のむこうがわに来てしまいました。

そこにはこれまでに見たことのない、大きなお花ばたけがありました。

「まあ、なんてすてき」

スーはおどろきました。

スーはおばあちゃんの言いつけを、すっかりわすれてしまっていたのです。

15

スーは、むちゅうでお花をつみはじめました。

スーがお花をつんでいると、とつぜん大きなこえがきこえました。

「おまえを食べちゃうぞ」

(つづく)

f:id:watto:20160108111000p:plain

かわいいフリー素材集 いらすとや 様より