しいたげられたしいたけ

人権を守るには人権を守るしかない。人権以外の何かを守ることによって人権を守ろうとする試みは経験的に全て失敗している

Word2013で確率・統計関係の数式を入力するのは意外と簡単だったが面倒なこともあった(後編)

前編で述べた数式は、比較的迷うことなくスムースに入力できたと思っている。だがそういうケースばかりとは限らない。前回と同じテキストのp21に「反復試行の確率」というのが出てくる。

新確率統計

新確率統計

 

 「反復試行の確率」というのは、次のようなものである。

ある試行を1回行うとき、事象Aの起きる確率を とする。この試行を 回行うとき、事象 が 回起こる確率は、と = (1-p) を用いて

f:id:watto:20160427182905p:plain

と表せる

数式はWordで作ってキャプチャした画像を貼り付けています。

スポンサーリンク

 

この公式を用いて、上掲書p21「問7」をちょっと改題した、下記の問題を解いてみる。Wordのバージョンは2013、OSはWindows10。

打率3割ちょうどの打者が5打席で3本のヒットを打つ確率を求めよ。

まず組合せを表す の、前の方の下付き文字が入力できないので、しかたがないから「上付き/下付き文字」ボタンから「下付き文字」を選択して

f:id:watto:20160427181203p:plain

大きいほうの文字のところは、半角スペースを入力すると□が目立たなくなる。

f:id:watto:20160427181204p:plain

もう一度「上付き/下付き文字」ボタンから「下付き文字」を選択して、と後半の下付き文字を入力するしかなさそうだ。

f:id:watto:20160427181205p:plain

試しに「フォント」ダイアログボックスから「下付き(B)」指定できないかなとやってみたが、数式プレースホルダ内では「上付き(P)」と「下付き(B)」が選択できなくなっていた。参考まで。

f:id:watto:20160427181206p:plain

次に、分数のべき乗を入力したい。カッコに「上付き文字」を指定してもいいが、カッコの高さが短いのがちょっと物足りない。

f:id:watto:20160427181207p:plain

これは、次のようにしたら解決した。「かっこ」から「縦ならびオブジェクト」というのを挿入する。

f:id:watto:20160427181208p:plain

□が縦に二つ並んでいるが [BackSpace] か [Delete] で消せるのだ。

f:id:watto:20160427181209p:plain

そして代わりに「分数」を挿入することもできる!

f:id:watto:20160427181210p:plain

そしてこの背の高いカッコごと選択して「上付き文字」を選択すると、カッコ全体に上付き文字をつけることができる。

f:id:watto:20160427181211p:plain

短いカッコと比較して、この方が見栄えがよくありませんか?

f:id:watto:20160427181212p:plain

計算した結果はこうなる。

f:id:watto:20160427181213p:plain

ただしあくまでWordで数式を入力するにはこうするというだけで、解答が正解かどうかは保証の限りではありません。つか間違いがあったら、ぜひコメントかブコメで教えてくださいm(_ _)m

追記:(5/2)

すみません、縦長のカッコを入力するのに、こんな面倒くさいことをする必要はありませんでした。

普通に「かっこ」ボタンから「かっこ」を選べばよかったんです。

f:id:watto:20160502011434p:plain

かっこの中に分数を入れると…

f:id:watto:20160502011514p:plain

ちゃんと縦に伸びてくれます。遅ればせながら訂正します。

f:id:watto:20160502011534p:plain