しいたげられたしいたけ

空気を読まない。他人に空気を読むことを要求しない。

Microsoft Mathematicsを使ってみたら賢いのかアホの子なのかよくわからないが多分WordやExcelの補完ツールとして使うのが適切なのかなと思った(前編:二項分布編)

相変わらず確率・統計の再勉強中である。例によってテキストに使っている大日本図書『新確率統計』のP60に、こんな例題が出てきた。確率分布の導入としてである。

[例題1] 赤玉3個と白玉6個の入っている袋の中から,1個ずつ3回復元抽出するとき,赤玉の出る確率をXとする.このとき,Xはどのような確率分布に従うか.また,その確率分布表を作れ. 

二項分布の公式を用いて確率分布表を作る問題である。二項分布の公式は、次のようなものだ。例によってWordで作った画像ファイルを貼りつけています。

f:id:watto:20160609235131p:plain

確率分布表は次のようになるはずだ。1行目の数字は赤玉の数で、合計は1になる。

f:id:watto:20160609224405p:plain

これは手計算で求めたものだが、パソコンを用いて手軽に検算できないかと考えた。

スポンサーリンク

 

こんなホッテントリがあったことを思い出した。

siganaitohoho.hatenablog.jp

この記事を見て、速攻インストールしたことはいいが、そのまま忘れていた。

約2年ぶりで起動してみた。

f:id:watto:20160609231807j:plain

「統計計算」というタグがあるではないか! クリックして展開すると「組合せ」というボタンがある!

f:id:watto:20160609231857j:plain

表記は教科書と違うが、このくらい何ということはない(「組合せ」を英語で “combination” という。参考までに「順列」は “permutation”)。

さらに分数のべき乗も入力してみる。ツールボタンを使ってもいいし(Wordの数式ツールと似ている)、キーボードから入力することもできる(Excelの数式と似ている)。

f:id:watto:20160609232037j:plain

 右下の [Enter] ボタンをクリックすると、画面上半分に演算結果が表示される! おお、分数と小数の両方で表示してくれる!(ただし分数は、当然っちゃ当然だが既約分数で表示される)

f:id:watto:20160609232529j:plain

さらに「エントリーを編集」ボタンをクリックすると、下半分の編集ウィンドウに数式が再表示される。再表示された数式は、再編集が可能だ!

f:id:watto:20160609232953j:plain

combination関数の引数と指数を変更して [Enter] キーをクリックすると、k = 1、2、3 のケースが計算できる。

f:id:watto:20160609233421j:plain

さらに、複数の結果の演算を行うこともできる! これは k = 0~3 の合計をとろうとしているところ。

f:id:watto:20160609235359j:plain

おお、ちゃんと 1 になった!

f:id:watto:20160609235318j:plain

ワークシート(と呼ぶんだそうだ)は保存することができるが、Wordファイルとしてエクスポートすることもできる。

f:id:watto:20160610000042j:plain

Wordにエクスポートしたファイルを開いてみた。下に示したのは、Wordで開いたページの一部である。おお、数式ツールで入力したのと同じ形式で保存されているではないか! もちろんWordで編集もできる。

f:id:watto:20160610000104p:plain

だが、感嘆し続けたのはここまで。ならばきっと正規分布も計算してくれるだろうと思って、やってみた。確率統計論では、二項分布と正規分布には密接な関係があるのだ。

入力しているのは、標準正規分布の分布関数のつもり。

エラーメッセージが出た!

f:id:watto:20160610001237j:plain

画像が小さいので文字起こしすると…

強調表示されている単語または記号は、この場所では使えません。数が存在していることを確認してください。

と書いてある。

無限区間はダメってことなのか? それではと思って有限区間に変更してみた。

f:id:watto:20160610014124j:plain

要するに、標準正規分布の分布関数の計算には、対応してくれないようだ。

それでは、どこまでだったらやってくれるのだろう?(この項続きます)

スポンサーリンク

 

※ リンク集(随時追加)

Microsoft Mathematics 私家版順不同リファレンス

変数への値の代入、リストによる変数への値の代入

微分の計算とよく出るエラーメッセージ

グラフの作成とグラフ範囲の指定

「公式と方程式」の誤訳について

「方程式ソルバ」と複素数解の表示

行列式、逆行列、固有方程式、対角化

とりあえず何か入力する。あと因数分解と展開

 

三次関数グラフの極値と変曲点の座標をMicrosoft Mathematics に計算させる方法の自分用メモ