しいたげられたしいたけ

期間限定トップ「肌の色や出自や信仰の違う他人を、憎むように生まれついた人間などいない」ネルソン・マンデラ rt by バラク・オバマ

英会話教室がハロウィンカラーに染まるのを見てそゆえば日本の行事は色と結びついてないなと思った

通っている英会話教室の中身が、今月に入ってからハロウィン用デコレーションでいっぱいになった。

スマホで写真を撮らせてもらった。スタッフに断ったところ、口では「こんなものでよければ構いませんよ」と言ってくれたものの、顔には「何言ってんだこいつ?」と書いてあった。似たようなことが最近もあったな。ああ、運転免許の更新に行ったときだ。

とは言うものの、写真にすると、あんまり雰囲気が再現できなかった。思ったほどデコレーションの密度が高くなかったんだ。

f:id:watto:20161022143352j:plain

スポンサーリンク

 

もう一枚。“KEEP OUT” テープの奥にある部屋でレッスン受けてきました。

f:id:watto:20161022143432j:plain

ハロウィンが終わると、今度はクリスマスだな、などと思いながら、ふと気づいた。ハロウィンカラーというものがある。オレンジと黒だ。ネットで検索すると、それぞれの色には意味づけがなされていることがわかる。

オレンジは収穫を、黒は夜を表すのだそうだ。なるほどハロウィンは秋のものだからだろう。

クリスマスカラーというものもある。赤と緑と白だ。赤はキリスト、緑は生命、白は雪を表すそうだ。

日本ではまだハロウィンやクリスマスほど定着はしていないが、欧米では早春にイースターという行事もある。こちらは特定の色というわけではなく、パステルカラーがシンボルらしい。イースターエッグからの連想のようだ。

イースターの前にバレンタインデーというのがあるが、こちらはネット検索ではノイズが多すぎて(と、ばっさり切り捨ててしまう)、正確なところはわからない。正確というのは、本場に近いという程度の意味です。

もちろんこれらはすべて諸説ある。

それで、ふと思った。日本年中行事で、ハロウィンやクリスマスほど明確に色と結びついているものって、あったっけ?

桃の節句は桃色? んなわけあるかい。端午の節句は黒、緋、青(?)とあえて言うことはないよなぁ。お正月だったら松竹梅の黒、緑、紅あたりに牽強付会できなくなさそうだけど、これも聞かない。お盆? イメージすら湧かない。

イメージカラー、シンボルカラーというものを作って行事を盛り上げようという発想がある欧米は、その分プロモ上手と言えるのかも知れない。日本に従来そういう発想がなかったらしいことや、今後プロモやイベントでイメージカラーを定着させようという試みがあったら成功するんだろうか、ということを、あれこれ考えるともなしに考えると、まあ面白かった。

コーポレートカラーであれば、定着したように思うんだけどね。銀行の赤メガ青メガ緑メガとか。あ、今、確認のため「赤メガ銀行」でぐぐったら、検索語が検索結果のなんと4ページ目まで全然出てこなくて、ちょっと面白かった。5ページ目でやっと出てきた。

「友情、努力、勝利」なんて、シンボルカラーを作ったら、面白いかも。今さらかな?

今回はあんまりまとまってないんで、結論はないです。オチもないです。

追記:

ブコメb:id:wachamaca さんと b:id:aurora3373 さんから「聖パトリックの日」というのを教えてもらいました。ありがとうございました。

知らなかったので検索しました。うわなんだこれ?

matome.naver.jp

追記の追記:

イオンがこういうことをやるらしい。定着するかな?

www.nikkei.com