読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しいたげられたしいたけ

人権を守るには人権を守るしかない。人権以外の何かを守ることによって人権を守ろうとする試みは経験的に全て失敗している

年末に修理に出したノートパソコンが戻ってきたが今度はWindowsのライセンス認証でエラーが出た

この件の続報です。内容を短くまとめると、「指紋認証が何をやってもパスしないので、結局メーカに引き取り修理を依頼した」ということです。さんざん苦労したのがまとめると1行かよ…(-"-;

watto.hatenablog.com

それが年末年始を挟んで戻ってきた。このパッケージもう見飽きた。

f:id:watto:20170107121329j:plain

スポンサーリンク

 

開封。上に乗っかっている書類は「修理報告書」だ。「ハードディスクの不具合を確認したので交換した」ということが書いてあった。予想通りのチェンジニアリングだった。

f:id:watto:20170107121418j:plain

今度こそ使えるようになってくれればいいがと思いつつ、電源を入れたら、またしてもトラブルに直面した。

いつもの通りブログタイトルでネタを割っているけど、Windows の認証エラーが発生したのだ。Windows のバージョンは8.1。

電源を入れて、最初に表示された画面。いつものことでフォーカスが甘くてすみません。「PCの設定を開き、Windowsのライセンス認証を行ってください」と書いてある。

f:id:watto:20170107140251j:plain

「PCの設定を開く」というボタンをクリックしたら、こんなスタート画面もどきが表示された。「もどき」というのは、Windows8.1 のスタート画面に似ているが、ここからデスクトップ画面にもメニュー画面にも移行できないという意味だ。

f:id:watto:20170107140330j:plain

ボタンが2つ表示されている。上側のボタンには「Windowsをオンラインでライセンス認証する」とメッセージがついており、ボタン上に「ライセンス認証」という文字がある。まずこのボタンをクリックしたが、うまくいかなかった。認証に失敗したというメッセージが表示されたのだ。

そこで今度は、下側のボタンをクリックした。メッセージには「電話でWindowsのライセンス認証を行う」と、ボタン上には「電話でのライセンス認証」と書いてある。

すると、こんな画面が表示された。フリーダイヤルの電話番号、携帯から掛ける場合のフリーでない電話番号、それにインストールIDが表示されている。インストールIDは、7桁の数字が9組である。

f:id:watto:20170107140956j:plain

電話機のプッシュボタンから入力するも、「認証できません」という自動音声の冷たい応答。

「オペレータにつなぎますか?」というアナウンスがあったので、迷わず選択する。おや? オペレータさんは、ほとんど不自然さを感じさせないほぼ完璧なイントネーションだけど、オフショアアウトソーシングだな。全くどうでもいいことだけど。

オンラインでも電話でも認証ができなかった旨を伝える。インストールIDのうち最初の一組の7桁を伝えてくれと言われたので伝えると、電話口の向こう側でなにやら検索して、どうやら適切なIDが表示されていないようだとの回答。テクニカルサポートの別の電話番号を伝えられる。フリーダイヤルだ。そこで現象を言って、ハードディスクに記録されているはずの適切なインストールIDを取得する手段を教えてもらってくれとのこと。なんでもWindows8.1では、ライセンス番号は紙では発行されずHD記録のみなのだそうだ。おおまかな手順も説明されたが、早口だったのでメモを取り切れなかった。

教えてもらったテクニカルサポートの電話番号に、電話を掛ける。今度は、まずは7桁×9組のインストールIDを全部、口頭で伝えてくれと言われる。電話口に向かって数字をしゃべると、やはり電話口の向こうで検索しているようで「無効なIDですね」そりゃわかってるわい。言わなかったけど。

一度、別の担当者に変わって、さらにいろいろ話をしたけど中略。つか忘れた。結局、Windows8.1 プリインストール機なのでメーカの日本HPに相談してくれとのことだった。

途中のオペレータ2人、いらなかったじゃないか。ぶつぶつ。

メーカのサポセン受付時間終了まで、あんまり間がないじゃないか。ここはサポセンではなく「カスタマ・ケア・センタ」と呼称するらしい。これもどうでもいいことだが。

幸い今回もすんなりつながった。担当者に現象を言うと、「それではハードディスクからIDを取り出すフリーソフトを紹介しますので…」とか何とか言いかかった。

内心、「メーカのサポセンがフリーソフトって何だよそりゃ」と思ったが、言わなかった。代わりにつか、「いやそうじゃなくて、Windows の認証画面から移動できないんです! デスクトップ画面にもメニュー画面にも移動できないんです!」と言ってさえぎった。

担当者、少し考えて「リカバリはすでに試されましたか?」試してない。

「ではまずリカバリを試してください」と言われた。

不覚にも一瞬「もっともだ」と思ってしまったが、後で考えたら、ではあの認証画面は何なんだってことにならないか? ぶつぶつ。

まあいいや。やってみよう。DVDドライブにリカバリディスクを挿入し、再起動した直後に[ESC]キーを押すと 「スタートアップメニュー」に入る。

f:id:watto:20170107152047j:plain

[F9] がブートデバイスの選択なので、それを押す。

オプティカルディスクデバイス」という項目があるので、それを選択する。

f:id:watto:20170107152111j:plain

Windows8 の再インストールが始まってくれた。

f:id:watto:20170107152514j:plain

今回は、再起動時にコケたりしなかった。再インストールの最終段階で、携帯の番号の入力を求められ、その番号宛に7桁のセキュリティコードが記されたSMSが送信された。それをマシンに入力しなければならなかった。本人認証のためってことだろう。

目下、デバイスドライバの再インストールまでが完了したところ。細かい未解決の不具合がちょろちょろ残っているが、時間をかけて解決すれば、今度こそ再使用できるようになってくれないか?