しいたげられたしいたけ

拡散という行為は、元記事の著者と同等以上の責任を拡散者も負う

Notepad++ で改行コードを [LF] から [CR][LF] に一括変換する方法 on Windows10

今回も対象ミニマムの自分用メモなので、新着に出にくくするため日付をさかのぼって登録しています。

引き続き、この本の件なのですが…

ゼロから作るDeep Learning ―Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装

ゼロから作るDeep Learning ―Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装

 

 GitHub の『ゼロから作る Deep Learning』のリポジトリからダウンロードしたファイルは、改行コードにUNIX流儀の [LF] が使われているから、そのままでは Windows のコマンドラインから貼りつけると改行が上手くいかない。

前回のエントリーに書いた通り、リポジトリのソースコードをブラウザ上からコピペすれば上手くいく。しかし GitHub のサーバに負荷がかかりそうで悪いし、ネット接続が不調なこともあるので(特に無線LAN使用時。うちだけ?)、オフラインでも使えるようにしたい。

今はエディタとして Notepad++ というフリーソフトを使用しているのだが、その機能を使えば、改行コードを [LF] から Windows 流儀の  [CR][LF] への一括変換が、実に簡単にできることがわかった。見つけてみれば、なんということはなかったのだが、見つけるまでに時間がかかるのだ(私だけ?)。

まずはツールボタンの「制御文字をすべて表示」をクリックして、改行コードを表示させる。

f:id:watto:20170307092544p:plain

こうなる。参考までに、エディット画面にサンプル表示させているのは『ゼロから作る Deep Learning』第4章の “gradient_simplenet.py” というサンプルスクリプトである。

f:id:watto:20170307092545p:plain

メニューバー [編集(E)] から [改行コード変換]-[Windowsフォーマット(CR)+(LF)] を選択するだけで…

f:id:watto:20170307092546p:plain

どや?

f:id:watto:20170307092547p:plain

もちろんコマンドラインにコピペして実行できることも確認した(ただしクラスや関数の定義中に改行があると、そこで定義が終了してしまうので、その部分の改行は削除する必要がある。念のため)。

ちなみにバージョンは [?]-[Notepad++について…] で調べたら  v.7.3.2 (64bit) でした。

f:id:watto:20170307095051p:plain

スポンサーリンク