しいたげられたしいたけ

拡散という行為は、元記事の著者と同等以上の責任を拡散者も負う

どろんぱ豆(id:doronpa316)さんの質問に回答してみる

どろんぱ豆(id:doronpa316)さんの、こちらの質問に回答してみます。

doronpa316.hatenablog.com

スポンサーリンク

 

ブログを執筆する主な場所

自宅オンリーです。

ブログ執筆にかかる時間

TVつけっぱ、または効率最悪の在宅仕事をやりながらなので、長いです。2時間くらいは平気でかけます。準備時間まで含めると、もっとかかっています。

ブログを執筆する時間帯

バラバラです。ちゃんと調べたわけじゃないけど、主観的には10:00p.m.台からが多いかなと思います。TV『報道ステーション』→『ニュース23』のハシゴをしながらで、URLの時刻形式が翌日の “003000” になっていたらソレです。

今回のは日曜の午前中に書いていますが。

ブログ執筆の流れ

とにかくネタ発掘が第一つかほとんどすべてです!「これ書きたい」と思うネタがなければ、ブログは書けません。

書きたいネタを頭の中で、ほとんど文章化の直前まで温めると、わりとスムースに筆が進みます。

なおスマホ写真を貼るときは先に写真の選択とアップロード、書籍からの引用をするときには先にテキスト化を済ませておいて、後から自分の文章を書き込みます。

「2時間もかけといて何がスムースだ?」という自己突っ込みが浮かびますが、それでもつっかえちゃって筆が止まることがよくあります。温めきれない段階で書き始めると、なおのことです。

そういうときには「下書き」に放り込んで、ほとぼりを冷まします。過去にそんな記事を書いたことがあります。

誤記とかミスが多いので、できるだけ予約投稿を利用するようにしています。それでも公開後に修正、追記することはしょっちゅうです。

www.watto.nagoya

ブログを書く上での信条

「信条」というと大げさな気がしますが、弊ブログの主目的は自分用の備忘メモで、「もしこんなものでもお役に立つようであれば」という感覚で公開しています。このことは機会あるごとに繰り返しています。

それに付け加えて、ちょっと口はばったいことを言わせてもらうなら、ネットの世界は広大になったとはいえ、まだまだ検索しても十分な情報が出てこない項目は、いくらでもあります。わずかでもそれを拡充するお手伝いになれば、という意識はあります。

とっさに思い出した実例としては、ブッダと同時代の殺人僧「勿力難提」または「勿力伽難提」を検索したところ、日本語サイトでは東野治之『鑑真 (岩波新書)』をソースとする私と他の方お一人のサイトくらいしかヒットしなかったことがありました。そこで、ちょっとくらいはネットのコンテンツを豊かにすることにならないかと、『鑑真』のページと、別の文献のページを付け加えた記事をアップしました。

ひっきょう書籍の情報をネットに書き写しただけなんですけどね。

そうしたらブコメで、「勿力伽難提」のサンスクリット名「ミガランディカ」で検索すると、さらに情報が出てくると教えてもらいました。サンスクリット名は知りませんでした。でもそれもまた、ある情報と別の情報をつなげるという効果だったのではないかと愚考しました。

www.watto.nagoya