しいたげられたしいたけ

拡散という行為は、元記事の著者と同等以上の責任を拡散者も負う

Google Search Console からの警告メッセージは冤罪だったらしい

今月の初めに Google Search Console からこんなメールが届いた。私はスマホメールにGmailアドレスを使っている。

f:id:watto:20170905230117p:plain

文字起こし。

AMPページのエラー
を修正してください

http:www.watto.nagoya/ のウェブ
マスター様

お客様の一部のAMPページが弊社
のガイドラインに準拠していないこ
とが判明しました。そのため、該当
するページは Google 検索の AMP
関連機能の対象とはなりません。該
当するページの一部はAccelarated
Mobile Pages レポートでご確認い
ただけます。

Google神から怒られた? あかんやん。携帯では操作性が悪くて埒が明かないから、パソコンでメールを開き直し、青い「レポートを開く」ボタンをクリックした。

20件のURLでエラーが検出されていた。なんだこれは??

f:id:watto:20170905230233p:plain

画面右端の「>>」がリンクになっていて、クリックすると次のような画面が表示された。

f:id:watto:20170905230228p:plain

下の方に “属性「pubdate」はタグ「time」で使用できません” と書いてある。しかしページのソースを開いて探したが、「pubdate」タグなんて使っていない。

青色一号(id:blue1st)さんのエントリーが、ほぼ同じ現象に遭遇、対応した報告だった。勝手ながらリンク張らせていただきます。

blue1st.hateblo.jp

青色一号 さんのエントリーにある通り、「2 AMPページをテスト」の右側の青い「ページのテスト」というボタンをクリックすると、なにやらチェックが始まって、しばらくして「有効なAMPページです」という画面が表示された。おいおい私は何もしてないぞ?

f:id:watto:20170905230223p:plain

「GOOGLE に送信」というリンクをクリックすると、次のようなメッセージが表示された。

f:id:watto:20170905230219p:plain

ただし、うちのブログはエラーページの件数が多かったので、3ページ目のチェックあたりから、CAPTCHA認証を要求されるようになった。こんなの。

f:id:watto:20170905230112p:plain

こんなふうにタイルを選択すればよかった。CAPTCHAは「道路を選べ」「車を選べ」など、他にもいくつかのパターンがあった。

f:id:watto:20170905230104p:plain

なおCAPTCHA認証は「ページのテスト」だけではなく「GOOGLE に送信」の際にも求められた。

多い時には3回くらい繰返し認証を求められた。あれは「認証に失敗した」ということだったのだろうか?

スポンサーリンク

 

2日ほどして Google Seach Console に再アクセスしたところ、エラーがまだ3ページほど残っていた。結果送信をミスったのだろうか?

もう一度、同じ操作をやり直してみた。

今日になって再々アクセスした。「重大な問題のあるAMPページ」がゼロになっていた。

これでいいのだろうか? 結局エラーの原因が何だったのかは、よくわからない。

f:id:watto:20170905230213p:plain