しいたげられたしいたけ

空気を読まない 他人に空気を読むことを求めない

晴|日記

手回し式シュレッダーを買う

人の名前が書いてある紙を、大量に処分する必要に迫られた。
これまでは手でたんねんに破くか、ハサミで細かく切って処分していた。
なんとなくシュレッダーが欲しくなった。なんで今さらという気もするが、なんとなくである。
昼休みに、職場からほど近いホームセンターにふらりと立ち寄ると、A4対応で698円。今日が特売価格の最終日なのだそうだ。
高いのか安いのかわからんが、即座に購入決定。極力モノは増やさん主義だが、それは反面、自分の買い物好きを戒めるためである。
自宅に戻って、書類の処分にかかる。けっこうハンドルが重い。しかも一度に一枚しか裁断できない。お金さえ出せば電動式のいくらでも処理能力の高い機種が買えるのだが、環境オタクとしては、ただでさえ廃紙をリサイクルできないことに気がとがめるのに、さらに電気を使うなど耐えられない。単にお金がないだけという説もある。
だが、やっていると案外楽しい。つか止められない。
危うく午後からの仕事に遅刻するところだった…
スポンサーリンク

 

うちとさして規模の変わらぬ個人事業主の事務所で

すごいコピー+ファックス+レーザプリンタ複合機を入れているのを見たことがある。コンビニにあるコピー機とほぼ同じサイズで、A3まで対応しているやつだ。さすがにリース会社のラベルが貼ってあったが、月々のリース代もばかになるまいに。
うちはコピーしたいときは近所のコンビニまで走る。ファックスとプリンタは、それぞれ量販店で一番安いやつを買ってきて使っている。
経費は最終的にはお客さんに請求する料金に上乗せされるのだから、経費節減も重要な顧客サービスの一つと思ってそうしているのだが、単にうちが儲かっていないだけなのか?