しいたげられたしいたけ

空気を読まない 他人に空気を読むことを求めない

安い物ゲッターとなっている

安物ゲッターではない。あんまり変わらんか。
仕事が早く終わったので、隣町の複合商業施設に出かけた。えい、実名を書いてしまうとロックタウン刈谷だ。
コンプマートを覗いたところ、CD-ROMの買い置きが底をつきかけているのを思い出した。DVD-ROMに押されてCD-ROMの置き場は狭くなる一方だが、10枚入り298円というのを見つけた。かなり安いはずである。レジに持っていくと340円と言われた。レジが混んでいなかったので「表示価格と違いますよ」と指摘して、差額を返金してもらった。特売品を選んで買うと、よくこういうことがある。実生活では至って気弱な人間なので、この程度のことでもけっこう勇気を必要とする。
食品スーパーに立ち寄ると、詰め替え用インスタントコーヒー150gが498円。これもかなり安いはず。実は同じ敷地内に食品も扱っている大型雑貨店があって、同じ資本系列のはずなのに値札が違っていることがある。えい、これも書いてしまうと食品スーパーというのはメガマート、大型雑貨店というのはマックスバリュ。いずれもイオン系列である。以前に同じネスレのAero20個入りが、メガマートでは398円、マックスバリュでは298円で売られているのを見たことがある。つかその時はマックスバリュで買った。Aeroは今んとこ一番のオキニのチョコなのだ。
そんなわけで、マックスバリュの値札もチェックする。598円。メガマートに取って返して購入。大きなお世話かも知れないけどイオンさん、せめて同じ敷地内の店舗では、価格を統一するよう指導した方がいいのでは?でないと衝動買いする客が減ります。私だけか?
あと、店を替えて2リットルペットの緑茶と烏龍茶。箱買いすると一本133円で買えるところを知っているので、いつもそこで買い置きしている。知っている中では最安値。それからさらに別のところでリンスinシャンプーの詰め替え198円。これも切れかけていた。これも知っている限りの店の中で、一番安く買えるところでいつも買っている。
安く買う快感は、いつもあくまでその場限りのもので、後で「あそこで買っておいてよかった」と思うことは、実はほとんどない。逆はあるかな?「あそこで買っとけばよかった」と後悔することは、しばしばある。
追記:(10/25)
今日、出先の喫茶店でコーヒーを一杯飲んだら、昨日浮かせた差額が全部吹っ飛んだことに気づいた。
気づくんじゃなかった…(T▽T;