しいたげられたしいたけ

空気を読まない 他人に空気を読むことを要求しない

とんでもねぇ運転の車に

立て続けに遭遇した。
まずは、狭い道から県道に出ようとしたら、ウインカーを出さずにこちらに進入してくる車が…運転手の中年男はケータイでおしゃべりをしている。携帯で通話しながら運転するのは違法だぞと内心思っていると、それから二台ほど連続してウインカーを出さない車の後ろにつけてしまった。うち一台は、交差点で青信号なのに停車していて、黄信号に変わる直前に急発進しやがった。しかも私が曲がるのと同じ方向に。
その後も、路肩に停車していた車が私の目の前で発車して、Uターンして反対車線に出ようとして車線をふさいでくれたり、駐車場で私の前にいた車がウインカーを出したのと反対方向に曲がったり…
極めつけは、70を越しているのではと思われる運転手の運転するタクシーが、交差点の手前で、車を車道に対して斜めにした状態のまま動かない。運転席で、運転手の頭が不自然に前屈しているのが見える。私の車と、もう一台の車がクラクションを鳴らすと、運転手はむくりと頭を起こし、交差点を通り過ぎ走り去って行った。一瞬、意識を失っていたのか、単なる居眠りだったのか、いずれにしろ危なっかしいことおびただしい。
暖かくなったから?