しいたげられたしいたけ

空気を読まない、他人に空気を読むことを求めない

Windows VISTA SP1を適用

4月中旬以降は自動的にダウンロードされるそうだが、「出物腫れ物」的に始まるよりはと、手動で取りに行った。
以下、正確なことはダウンロードサイトの解説を参照してください。
事前に三つほど更新プログラムを適用しておかなければならないらしい。うちのマシンは、調べてみたところいずれも適用済みだった。
500M弱のかなりデカい実行型ファイルをローカルにダウンロードしておいて、マシンをネットから切り離し、ウイルス対策ソフトを停止させた上で、ファイルを実行してくれとのことであった。再起動を何度か催促してくるが、最初の方で出てくるダイアログボックスの「□自動的に再起動する」のチェックを入れておくと自動的に再起動してくれるそうだ。ちなみにチェックはデフォルトで入っていた。
ダウンロードサイトには「1時間以上かかる場合がある」と書いてあったが、うちのマシンではだいたい1時間10〜20分くらいかかった。ただし一旦実行を始めたら、あとは放っておけばよかった。これがOSの再インストールだと、不定期にいろいろと設定を訊ねてくるので、つきっきりにならなければいけないが、それに比べれば作業ははるかに楽であった。再起動は一回だけだった(←一応見ていた)。
適用完了後、念のためにWindows Updateを見に行ったが、重要な更新はなかった。ウイルス対策ソフトだったら、バージョンアップ後パターンファイルを最新のものに更新するのにまた時間がかかるんだけどね。
リンクくらい貼っとくか。
http://www.microsoft.com/japan/windows/products/windowsvista/sp1/default.mspx
追記:(4/5)
「事前に三つほど更新プログラムを…」云々というのは、Windows Update経由でSP1を適用する場合に必要なことで、ダウンロードセンターからスタンドアロン版を使用してSP1をインストールする場合には不要と下記サイトに書いてありました。
http://www.microsoft.com/japan/windows/products/windowsvista/sp1/install/default.mspx