しいたげられたしいたけ

空気を読まない、他人に空気を読むことを求めない

晴|日記

本日の「なんじゃそりゃ?」

某220万政令指定都市のお役所さまの行政の件である。
所管の中小の事業所に、電子フォーマットによる書類の提出を義務づけている。
ところがその電子フォーマットというのはOffice2003形式で、未だに2007には対応できていないそうだ。実はその件については '07/09/25のエントリーで 少し書いた。つきあいのある小規模事業所から頼まれて、バージョンダウンしたというアレである。
それはまだいい。
その小規模事業所から、Office2003のバージョンが上がってセキュリティが強化されたら、従来の電子フォーマットが使用できなくなったので、お役所から、今入っているOfficeをアンインストールして再インストールし、自動アップデートをオフにしてくれという指示があったのだが、やってくれないかという依頼を受けた。
絶句した。
Officeのバージョンアップとかセキュリティ強化とかは、伊達や酔狂でやっているわけではない。マクロウイルスなどセキュリティホールにつけ込む悪意のあるソフトウェアに対抗する目的でやっているのだ。それをわざわざバージョンダウンさせて自動アップデートまでオフにしろということは、管轄下の中小事業所のパソコンを手間暇かけて危険に晒せと言っていることにほかならないではないか!
他人の悪口を言うのは趣味じゃないが、今回ばかりはどうしても言いたい。
この役人はアホか?自分の都合でしか物事を考えられないのか?
いかん、ついつい考えてしまう。そして考えれば考えるほど腹が立つ。
幸いこちとらそのお役所さまとは、何の利害関係もない。ちょっくらケンカふっかけてやろうかしらん?(-"-メ
追記:
少し詳しく話を聞いてきた。
市とか県とかのレベルじゃなく、都道府県を統括する国全体のシステムがそうなっているのだという。
立派な資料ができていて、Officeのアンインストールから再インストール、更新をオフにするまでの手順がきっちり説明されていた。
他にもIE7はダメとかXP SP3はダメとか書いてあった。
最初、話を聞いたとき、あまりのトホホさに、てっきり小ざかしい木っ端役人が中途半端な知識でマクロつきフォームを作成して、それが使えなくなったので尻を事業所に押しつけたとかそういう話を想像したのだが…
よけい悪いじゃないか?
ちょっと知識のある奴で悪意のある奴がいて、この業界の事業所にマクロウイルス入りのメールを無差別に発送でもしたら、全国レベルで大騒ぎになる。
いやしくも国が発注したシステムなら、それなりの能力があるところが受注しているはずなのだけど、いったいどうしてこんなことになってしまっているのか想像がつかない。

このタイミングでこの記事を見た

某マイミクさんの日記経由ですが…
「電波利用料:総務省が不明朗支出 野球観戦やボウリング」
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20080520k0000e040074000c.html
「総務省よお前もか 特定財源で映画鑑賞、野球観戦…」
http://www.asahi.com/politics/update/0520/TKY200805190285.html
ブチ切れる寸前です。