しいたげられたしいたけ

災害時のデマ、絶対ダメ!

まだまだらも中毒

『さかだち日記』(講談社文庫)

さかだち日記 (講談社文庫)

さかだち日記 (講談社文庫)

日記形式のエッセイ集。そういえばこの著者は、エッセイ集はいっぱい出しているのに、日記形式の本は他に見たことがない。
タイトルは「酒断ち日記」の意だそうだが、特に後半では平気で酒を飲んでいる。
日付は'96年5月〜'98年4月で、長編小説『バンド・オブ・ザ・ナイト (講談社文庫)』や短編小説集『エキゾティカ (双葉文庫)』の執筆時期と重なっている。ネタの使い回しが多いこの著者のことで、なるほど実生活のこの体験が小説のあの部分になるのだな、といった感じで、著者の創作の舞台裏を覗かせてもらったような気分になる。
小説とエッセイの執筆の他、主宰する劇団「リリパットアーミー」の芝居に登場し、自ら率いるバンド「PISS」のライブをこなし、学祭などで講演を何件もやり、取材旅行で海外に飛び、と、まさに八面六臂の活動ぶりがすごい。
バンド・オブ・ザ・ナイト (講談社文庫)

バンド・オブ・ザ・ナイト (講談社文庫)

エキゾティカ (双葉文庫)

エキゾティカ (双葉文庫)